« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.31

祇園祭2008終了 祇園祭還幸祭2008追記 

巡行も終わり、この還幸祭が済むと、いよいよ祇園さんも終わりという心地がします。
還幸祭は17日の巡行の後、御旅所に御神霊をお迎えした御輿が、八坂神社へお戻りになる神事です。
お戻りになる前に、氏子衆の町内を巡幸され、約夜中12時頃に三基そろい踏みで八坂神社へ還られます。
御祭神は、スサノヲノミコト(素戔嗚尊)・クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)・ヤハシラノミコガミ(八柱御子神)。


各御神輿のルートはこんな感じです。

中御座 :スサノヲノミコト(素戔嗚尊)
御旅所→四条通から寺町通を下がる→高辻通を西→烏丸通を上がり四条通を西→大宮通から御池通を西→JR二条駅前→千本通を下がり三条会商店街を東→御供社での祭典→三条通を東へ、寺町通から四条通を東→東大路通下がり神幸通から本社へ

東御座 :クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)
御旅所→四条通から烏丸通を下がる→高辻通から室町通を上がる→四条通から新町通へ出て下がる→高辻通から大宮通を上がる→四条大宮→三条会商店街を東→御供社での祭典→三条通から寺町通を下がる→四条通を東→東大路通下がり神幸通から本社へ

西御座 :ヤハシラノミコガミ(八柱御子神)
御旅所→寺町通を上がり錦小路を西→高倉通を下がり四条通を西→東洞院通を下がり高辻通を西→烏丸通から四条通を東→東洞院通を上がり姉小路通を西→油小路通から御池通へ出て西→大宮通を下がり二条陣屋→三条会商店街を東→御供社での祭典→三条通から寺町通を下がる→四条通を東→東大路通下がり神幸通から本社へ

※八坂さんのHPに載っていた巡行ルート(昨年?)を、通り名で書いてみました。
 間違いがあるかもしれません。

今回は下調べ不足で、ルートや時間などが全く分からず・・・。
取り敢えず、千本を通るのを知っている中御座を見学しました。

Dscf4725


Dscf4724


常は三条会商店街にちょこんといらっしゃる御共社。
伏芝の周囲に斎竹を立て、「オハケ神事」が行われます。

Dscf4742


Dscf4761


Dscf4767


中御座は、「三若神輿会」の担ぎ手さんたちが。
「ほいっとー、ほいっとー」の掛け声も賑やかに。
白法被に陣袴、締め込み晒など、皆様、ハレの衣裳に身を包み、
榊の枝と蘇民将来の札を身につけて、熱気と男気で弾けんばかりです。
しかし、これほどの数の男衆をひとかたまりで見たのは、初めてです(笑)。

Dscf4774


よかろう太鼓の皆様が、勇ましく露払いを。

Dscf4778

帰り道、二条陣屋の前で、西御座の火入れ作業に出会いました。
ここから、三条の御共社へ向かわれるのですね。
近くの小学校の校庭では、担ぎ手さん達が車座になって、晩ご飯中でした。


暑い最中の祇園祭、今年は最終日の今日もしっかりと晴れ、無事に終了です。
皆様、暑中お見舞い申し上げます。


参考

写真:2008年7月17日 祇園祭還幸祭 千本三条~三条会商店街


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.30

祇園祭2008 辻廻し

ゆったりと流れて行く様子も雅やかでいいのですが、
やはり町衆の活気を見るには、各交差点ごとである「辻廻し」です。
小さめの山については、曳き手さんや担ぎ手さん達が、息を合わせてひょいっと持ち上げて回転しますが、
大きめの山や鉾は、そうはいきません。
もともと山鉾には舵が無いため、基本的に進行方向は前後まっすぐ、大八車と同じようなものですね。

辻廻しの様子は巡行のトリを勤められます、南観音山でご案内します。

Dscf4684


山鉾は各々、辻廻しに使う材を乗せて巡行しております。
青竹を縦に割ったものを敷き詰め、摩擦を避けるため、水をまきます。

Dscf4686


検分役が前方から合図をし、音頭取りが声を掛け、山鉾の車輪にを青竹の上に乗せます。

Dscf4687_2


青竹の上に車輪が乗ると、曳き手さん達は曲がる方向へと移動します。
車方が縄を車輪に絡め、固定します。


Dscf4691_2


辻廻しの際、音頭取りは4人に増え(普段は2人)、姿も浴衣の裾をからげ、手ぬぐいではちまきをし、気合いを。


Dscf4692_2


「えんやらやー」や「よいとせー」などの掛け声を合図に、一気に曳きます。
もちろん、大きな山鉾では、1回では廻りません。
微調整をしながら、何回かに分けて廻します。

参考

写真:2008年7月17日 河原町御池交差点

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.29

祇園祭2008 巡行

今年の宵山や巡行は、全て平日になってしまいました。
勤め人には辛い日程でございます。
巡行当日は、今年は呼んでくださるところがあり、御池通りの町家での観覧となりました。
が、当日は御池通りに有料席がならび、なかなか人垣で見づらいのです。
結局、強烈に降り注ぐ太陽光線の下、頑張って見ることに。
流石の豪華な山鉾の出で立ち、青空に映えます。


Dscf4629_3


Dscf4631


Dscf4632


Dscf4648


Dscf4655


Dscf4668


Dscf4674


動く美術館、御池通りがまるで、一幅の大きな絵巻物のようです。
町衆の心意気を祇園囃子に載せて、ゆっくりと京都の大路を渡ります。


参考

写真:2008年7月17日 御池通りにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.28

下鴨神社 御手洗祭り2008 シスターズ始動!!

暑い暑い土用の丑の日、暑気払いへと下鴨神社の御手洗祭りへ出掛けて参りました。
その名も、「浴衣でお色気足つけ友の会」(tkei姐様命名)です!!

夕方頃に、姐様のお家に集合させてもらい、くるくる着付けのお手伝い。
可愛らしく?大人っぽく?などとわいわい言いながら、
乙女様、はなっち様、rina-oha様、追っかけ到着まめ様を浴衣美女へ。
姐様は髪のセットも。
ひっつめただけの私の髪も、魔法のようにハーフアップに纏めて下さいました(感激)!!


Dscf4790

いざ!!シスターズ出動です!!
(奥左から、乙女様、rina-oha様、はなっち様、手前左からtkei姐様、まめ様)

宵の口の下鴨さんでは、一休パパ様、虹子様、maiky様と合流。
涼を求め、境内は沢山の人出、賑々しいです。

御手洗祭り(足つけ神事)は、土用の丑の日に神池に足を浸し、穢れを祓い、無病息災を願う行事です。
普段の水量はさほどでもないのですが、この行事の間、水量を増やし(深いところでは大人の膝まで)、
入口でろうろく(200円)を持ち、ご神火を頂いて、ジャブジャブと御手洗池を渡ります。
ろうそくを供え、ご神水を頂きます。
キンと冷えた水は最初は冷たく、歩くうちには何となく優しく、あがった後は清々しいです。
また、飲めば舌にまろい京の水は、油照りの京都に涼とご加護を運んでくださいます。

Dscf4793


最奥におわす神、ほのぼの滲むは光か、霊験か。


Dscf4794


灯火うち揃い、暮れ方空、これより蒼を重ねゆく。


Dscf4797

風そよぐ 楢の小川の 夕暮れは 禊ぞ夏の しるしなりける
  (「新勅撰和歌集夏・小倉百人一首 98番」 従二位 藤原家隆)


Dscf4807


漆黒の夜空に浮かび上がるは、ハレの楼門。


Dscf4806

参拝者の願いを込めて、ゆらりゆらりと思いを炎に。


Dscf4802


皆でおそろいの水守りを。手タレはもちろん、姐様です。


Dscf4804


一休パパ様、8人のシスターズ御引率です。
ワラワラあっちに行ったり、こっちに行ったり沢山の娘達・・・。
挙げ句、門限破りまでさせてしまい・・・。
本当に、ご、ごめんなさいです。

(左から、私、一休パパ様、tkei姐様)


Dscf4800

姐様の素敵な艶姿。


Dscf4803


もちろん、@くみ様、@まけ様のシスターズトレードマーク“みうみう団扇”も!!


Dscf4830

みたらしもしっかり下鴨さんで頂きました。
あ、お土産も持って帰りましたけれど(笑い)。

その後は、こ豆やさんで、こ豆やナイツ(まめ様のパクリです)!!
千夜様も合流です。

Dscf4810


Dscf4813


こ豆やさんのいなせな店長様のご厚意、まめ様、千夜様のお誕生日をお祝い。


とってもとっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
今回は初めてお会いする方もいらっしゃいました。

「おっさんmaiky笑」と数々の前評判、私の頭はもの凄い想像ばかりでしたが、なんのその。
最高にキュートな方でした。鮮やかな審美眼をお持ちのmaiky様。

ぱっちりキラキラのお眼が印象的、スレンダーな美人さん、虹子様。

花が咲いたような笑顔が素敵、理系の知性や京都への情熱が溢れんばかりのrina-oha様。

優しげな微笑みが柔らかな、たおやかなお嬢さん、お土産有難うございました、千夜様。

今後ともどうぞ宜しくお願いしますね。
ご縁が益々拡がり、本当に素敵な時間でした。
シスターズの益々の躍進を願いつつ。
皆様、是非、またお出かけしましょうね。


参考

写真:2008年7月26日 下鴨神社 御手洗祭 
お店:ゆばんざい こ豆や 
    住所:〒604-8127 
        京都市中京区錦小路東洞院東入る西魚屋町619 リベルタス錦小路3階
    TEL:075-221-7300
    営業時間:昼食 11:30~14:30(L.O.14:00) 夕食 17:30~23:00(L.O.22:00)
    定休日:水曜日
    HP:http://www.ueda-yuba.co.jp/komameya_fifes/nishiki/nishiki.html
    最寄り駅:市営地下鉄烏丸線四条駅

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2008.07.25

祇園祭2008 宵々々山 蟷螂山

西洞院通りにある蟷螂のからくりがユーモラスなこちらの山、子ども達にも大人気です。
今回は、こちらでおみくじをひきました。


Dscf4542

ミニチュアが飾ってありました。山の全体像はこんな感じです。
この山のからくりは、屋根の上の蟷螂が羽根を広げたり、鎌を振り上げたり、
車輪が回ったりと色々な仕掛けが施されています。

Dscf4549

Dscf4551


では、おみくじ開始。
手前の木製のハンドルをくるくる回すと、蟷螂さんがお社に順番の書かれた玉を貰って来てくれます。


Dscf4555

蟷螂が落としてくれた番号を伝えると、おみくじが貰えます。
残念ながら、小吉でした~。

Dscf4557


駒形提灯には、蟷螂が、何だか仕草が面白いです。


参考

写真:2008年7月14日 祇園祭宵々々山 四条西洞院 

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008.07.24

祇園祭2008 還幸祭

祇園祭2008 還幸祭
ほいっとほいっと
中御座
あとで差し替えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祇園祭2008 宵々々山 新町通り

7月が終わってしまう前に、祇園祭の写真を慌てて上げてしまわないと(笑)
去年の写真を見て下さるとよく分かるのですが、今年から、駒形提灯の電球が変わりました。
白熱灯から蛍光灯へ、少しまばゆいように思われますが、これもエコ。


Dscf4535

八幡山の駒形提灯、紋もくっきりと夜空に浮かびます。


Dscf4537


Dscf4540


八幡山の会所飾り、金の箔も豪奢。


Dscf4529


北観音山のお囃子を聞きつつ、宵のそぞろ歩き。


Dscf4533


祇園祭は屏風祭、こちらも町衆の心意気。


参考

写真:2008年7月15日 祇園祭 宵々々山 新町通

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.22

立本寺 蓮

台風の声も何処へやら、京都は油照りの暑い夏です。
余りの暑さに遠出する気力も無く、ご近所へ目の涼を求めつつ、立本寺へ。
こちらのお寺さんは、本堂前に蓮鉢を置いて下さり、この時期の境内を彩っております。
しかし、もの凄い日差し、コンデジでは写真を撮っても、色が飛んでしまいます。

Dscf4449


燦々と降り注ぐ太陽を受けて、大輪の掌広げ。


Dscf4465


Dscf4476


太陽の勢いに負けじと、本堂への花々灯明。

Dscf4478

「夜目遠目傘の内」、45°、まだまだ修行が足りません~。

参考

写真:2008年7月13日 立本寺にて

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008.07.18

祇園祭2008 祇園囃子

※音が出ます、ご注意下さい!!

可愛らしい子ども達のちまき売りの歌。


北観音山のお囃子。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.17

祇園祭2008 巡行その1

祇園祭のお手伝いで、ばたばたしています。
コメントバックは明日からとお許しください。

これは南観音山。

Dscf4691


Dscf4692


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.16

祇園祭2008 宵山 南観音山あばれ観音

本日で宵山も終了。
最終日は心配していたお天気も保ち、3日間の中でもっとも人出があったように思います。
会所の二階からは、もの凄い人並み。
今日は急遽23人もの着付けをすることになり、くるくる着付けババは大忙しです(笑)。
明日の準備のお手伝いをして、
今宵は23時ごろから始まる南観音山の「あばれ観音」を見に行きました。

この「あばれ観音」は、どうやら由来ははっきりしていないそうです。
一説には、翌日の巡行におとなしく座って頂く為や、
北観音山の祭神は男の観音様(、南観音山は女の観音様、
南観音山の観音様は北観音山の観音様に懸想をしておいでで、恋心を鎮めるために執り行われたとも。

晒でぐるぐる巻きに御神輿に縛り付けられ、思いっきり揺すられる様は、ちょっと異様です(笑)。
恋の道は大変ですねぇ。

Dscf4605


ぐるぐる巻きです。


Dscf4600


Dscf4601


かなり暗いですが(デジカメの調子が悪く、強制フラッシュが作動しませんでした)、
上へ下へとものすごい勢いで振られます。
観音様は町内を3周周り、明日の巡行に備えられます。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2008.07.15

祇園祭宵々山2008 室町通り

何故だか、祇園さんの宵山はここ数年雨が降ってばかりです。
昼間はよく晴れていても、夕闇が迫るころに大雨。
雨の会所はばたばたです。

まずは、室町通りから。

Dscf4504

「役行者山」
一言主神、葛城神を従えて、役行者、威風堂々。


Dscf4508


「誉田屋 大タペストリー」
今宵の雨を辿り、天へと登るか、誉田(こんだ)屋270年、寿ぐ270匹。


Dscf4574

Dscf4571


「山伏山」
祭神を彩る町衆の宝とともに、道行く我らを睥睨す。


Dscf4503

去年のバーゲンでゲットしましたが、時期外れなので一年間待機(笑)。
今年、初披露目です。
@くみ様、@まけ様のお心意気、素敵な団扇が今宵の涼を運んでくれます。


参考

浴衣:麻混白地に、麻の葉柄。
帯:半幅帯、正倉院文様織。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.07.12

hayate様、祝ご上洛!!念願のオフ会初参加!!

※日付詐称です(笑)。でも、せっかくの記念日ですから、お許し下さいね。

Dscf4443

京都市内では、鉾建て・山建てが行われ、巡行の準備も慌ただしい暑い暑いこの日、
ご上洛下さいましたhayate様を囲み、オフ会が開催されました。
ご上洛の度に何度もお声掛けを下さいましたにもかかわらず、私のタイミングが悪く、なかなか面会の機会がもてず・・・。
この度、やっと念願のオフ会参加でございます。

ご参加の皆様の中には、夕方鴨川べりにての、夕涼みお茶会などを催され(羨)、
私は祇園さんの準備やらご挨拶で、参加できず、本当に残念でした。
更に遅れてはならじと、何とか遅刻せずに「露地もん」さんでの夕食会に駆けつけました。

お店は坪庭もございます、素敵な町家のご飯家さん。
初対面で少し緊張気味だったのですが、6名でのお食事会は、とっても楽しく、
また、@くみ様、@まけ様、まめ様が合流して下さいました総勢9名の夜カフェは、大盛り上がり。
お会いできました皆様のお心遣いで、時間が経つのがあっという間の素敵なオフ会でした。
これほどまでに優しく拡がるご縁、本当に幸せでございます。

Dscf4445

浴衣シスターズ、加入のお許しを頂きました!!

Dscf4447

みうみうの@くみ様、@まけ様がお手製の団扇を頂きました!!
面は八坂さんの神紋、裏はなんと山鉾の地図です!!

Dscf4496

特に素敵なのはココ↑、地図の方位が“北”でなく、“上る”なんです~。


Dscf4495

皆様から頂いたお土産の数々。

とってもとっても楽しく、会話も弾み、笑いすぎで顔筋が痛いくらいでした。

流石のダンディな佇まい、憧れのニコンデジイチを快く触らせて下さいました優しい、一休パパ様。
皆様とのご縁を繋いで下さり、オフ会中も私が全ての方とお話出来ますよう細やかなお心遣いを下さいました、hayate様。
浴衣姿もあでやか、うなじもつやっぽい、チーム45°弟子入りです、姐(tkei)様。
お疲れのところ、車で送って下さいました、弾ける笑顔が軽やかな笑い声が素敵な、母(はなっち)様。
実はとてもご近所さんでした、ふんわりほんわか雰囲気も和みます、癒し系、乙女(mi-tun)様。
大胆スリットも色っぽく、しっとり笑顔のお姉様、@くみ様。
見事な指芸をご披露、明るい爽やかなお人柄、猫師匠、@まけ様。
ニアミスを重ね、やっと念願のご対面、溌剌笑顔で可愛らしい、まめ様。

※シスターズ呼びのままでしたので、ハンドル名追加しました~。

しっかり、大酒飲みを披露しまして、恐縮でございます(苦笑)。
皆様、本当に本当に有難うございました!!

| | コメント (18) | トラックバック (3)

2008.07.01

祇園祭2008吉符入り

今日は祇園祭の始まり、吉符入りです。
今年も、何回か着付けババになりに行ってきます。
後継者も順に育ち、今年でお役ご免となるはずです。
去年は雨に悩まされましたが、今年は上手く晴れてくれますよう。
無事に終わりますよう、ご加護が頂けますよう。
さ、今日から胡瓜断ちです(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »