« ブックレビュー その1 『西の魔女が死んだ』 | トップページ | 梅酒2008 »

2008.06.08

平安神宮花菖蒲2008

まだ少し早かったのですが、平安神宮の花菖蒲を見に行ってきました。
恐らく5分咲きくらいでしょうか。
ですが、梅雨を味方に生き生きとしています。

Dscf4239


Dscf4242


Dscf4245


梅雨の晴れ間に、貴婦人達、ふわりとスカートを翻し。

|

« ブックレビュー その1 『西の魔女が死んだ』 | トップページ | 梅酒2008 »

コメント

何年か前の無料公開のときは満開だったので
そろそろ見頃と思ってましたが
まだ、5分咲きなのですね。

この時期は天気予報とにらめっこ。

一週間に一度の休みに何処へ行こうか悩みどころですヾ(^^;)

投稿: Milk | 2008.06.09 13:53

実家が高槻にあるので、もっぱら菖蒲は「高槻花菖蒲園」です。しゃくなげや座禅草も見れるし、よく探すと、笹百合や春蘭も見つかります・・・実は平安神宮のは行った事がない。どうしても田舎好きなので、足が山の方を向いてしまいます。
雨の空に一番映える色はブルー系。だからこの季節は、つゆくさをはじめあじさい等もこの系統の色をしているんですね。どうして身に付けたのだろう?

投稿: きさとぱぱ | 2008.06.09 16:44

こんにちは、Milk様

きっと、今週の木曜日は良い感じだと思います。
睡蓮のつぼみも沢山上がってきておりますから、是非是非、午前中を狙って行ってみてくださいませ。
週末は着物で出掛けたのですが、夏着物蒸しっとしました(笑)。
にゃんこ日傘もお忘れ無く~。

投稿: いけこ | 2008.06.09 17:33

こんにちは、きさとぱぱ様

平安神宮は紅枝垂れや花菖蒲や睡蓮など、見所も多いですよ。
是非、一度いらしてください。
私はいつも平安神宮→岡崎のどれかの美術館へがお決まりのコースです。

仰るとおり、青の花はどうしてこの時期多いのでしょうね。
私、露草と聞くと、梶井基次郎の「筧の話」の一節を思い出します。
「その青は不思議な惑はしを持ってゐる。私はそれを露草の花が青空や海と共通の色を持ってゐるところから起る一種の錯覚だと快く信じてゐるのであるが」
青は群雲の彼方にある天空への憧れか、それともそこから降る雨への親しみか。
本当にどうやって身につけたのでしょうね。

投稿: いけこ | 2008.06.09 17:58

いけこさん、私も土曜日に行ってきましたが、
確かに少し早かったですね。
今年の花は例年と違う事が多く、
タイミングが難しいです。

投稿: なおくん | 2008.06.09 22:11

おはようございます、なおくん様

今年は本当に花期がよめないですね。
梅雨入りも西からではなく、急に関西とかから始まりましたし。
ううーん、難しいです。

投稿: いけこ | 2008.06.10 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/41474790

この記事へのトラックバック一覧です: 平安神宮花菖蒲2008:

« ブックレビュー その1 『西の魔女が死んだ』 | トップページ | 梅酒2008 »