« 三室戸寺2008 蓮 | トップページ | 祇園祭2008吉符入り »

2008.06.30

上賀茂神社 夏越祓2008

去年に比べ、随分と過ごしやすい夏越祓となりました。
半年の穢れを祓い、残り半年無事に過ごせますよう。


Dscf4419


黄昏時の曖昧さ、神域へ到るか導かれるか。


Dscf4421


水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 のぶといふなり
                  (能 「水無月祓」 世阿弥より)

と唱えつつ、左→右→左と茅の輪を連なってくぐります。

Dscf4423


神火を焚き、幣を立てて清められし楢の小川に、


Dscf4432

風そよぐ 楢の小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける 
        (「新勅撰和歌集夏・小倉百人一首 98番」 従二位 藤原家隆)


橋殿から、和歌を三回唱えられた後、宮司様により、中臣の祓えを唱えられ、

Dscf4433


穢れを移した人形は楢の小川へ流されます。


Dscf4435


頭を垂れ、和歌を唱えながらお払いを受けます。

思ふこと みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓へつるかな
                  (「後拾遺集 1204番」 和泉式部)

祓った榊を流し、麻布を裂き流し、祓えは終了です。


Dscf4437


魔滅(まめ)の小豆、氷室の氷に見立てた「水無月」を頂きます。
今年は仙太郎さんの水無月、大丸百貨店で求めましたが、結構な行列、
これも京都の風物詩ですね。


参考:2008年7月1日 文追加

|

« 三室戸寺2008 蓮 | トップページ | 祇園祭2008吉符入り »

コメント

あっここでも水無月。
あたしも食べました。
今年は無事にいただけたので。。まぁよしかな?

休みがあえばこの上賀茂神社のやつ行きたいんですよ。
すごくステキだもん♪

投稿: まめ | 2008.07.01 23:05

いけこ様、おはようございます!

おぉ、遠くに見える篝火 (?) が、
ぼんやりといい感じです。
すごく雰囲気ありますねぇ。
浴衣の後ろ姿は、いけこさん?

あ〜、美味しそう♪
仙太郎さんの水無月!
普通のと抹茶? 黒砂糖?
どれも好きで〜す。

投稿: @くみ | 2008.07.02 11:05

おはようございます、まめ様

大量水無月、食べ終えましたか(笑)?
私は3つ、ぺろりと頂きました。うふふ。

是非、来年ご予定が許せば、行ってみてください。
やはり、年々人出が多くなってきております。
ほんの数年前まで、ご近所の方々しかいらっしゃらなかったのですが・・・。
とても幻想的な神事で、雰囲気がありますよ~。

投稿: いけこ | 2008.07.03 10:02

おはようございます、@くみ様

人形を持って少し遠くから見える火が、何とも神々しく、
思わずパチリとしてしまいました。
浴衣の方は、私ではないんです~。
丁度ご近所の方かな?歩いてこられて。

水無月、百貨店ならば1つからでも買えますよ。
私の前にならんでらしたおばあちゃんも、1つで購入されていました。
私は全種類食べたかったので、白・黒糖・抹茶をそれぞれ頂きました。

投稿: いけこ | 2008.07.03 10:10

上賀茂神社の夏越祓の神事というのは、随分、風情のあるものなのですね。
これでまた、京都移住後の楽しみが1つ、増えました。
それにしても、若い女性の文章に、中臣の祓、などという言葉が出てきたので、ビックリしましたhappy01

投稿: SY | 2009.07.01 01:17

こんにちは、S&Y様

火影の揺れる宵の雰囲気は何ともいえない雰囲気なのです。
神域に踏み込んだ瞬間、上手く表現できませんが、厳かな気持ちになります。
それに、夜の祭事ですので、ご近所の方が多く、是非是非、ご移住後、参拝して下さいませ。
そして、水無月もご一緒に。
そういえば、東京は水無月という和菓子はあるのでしょうか?

投稿: いけこ | 2009.07.01 16:17

デパートの名店街には、京都の和菓子屋さんもたくさん出店されていますから、入手可能か否かという意味では、問題ないと思いますが、東京に和菓子文化というものがあるかどうか、暦や季節の意識があるかどうか、というと???ですね。ですから、今日は、蛍火の茶会、明日は夏越祓、と日々意識されて生活されている、いけこ様のような京都人の生活は、なにか、別世界(おとぎの国?)のような気がしますよ。早く、京都に移住して、季節感のある生活がしたいものです。

投稿: SY | 2009.07.02 02:42

こんにちは、S&Y様

京都では、六月に入るとどこの和菓子屋さんやおまん屋さんでも、水無月が売られます。
それを見かけると、そろそろ祓えに行かないとなと思います。
京都では殊更、花しかり、和菓子しかり、社寺の行事に季節感を感じやすいのかもしれませんね。
私も夏越祓を知ったのは、大学の授業でなのですよ。

投稿: いけこ | 2009.07.02 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/41699166

この記事へのトラックバック一覧です: 上賀茂神社 夏越祓2008:

« 三室戸寺2008 蓮 | トップページ | 祇園祭2008吉符入り »