« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.20

お知らせ

お知らせ
土曜日から体調がはっきりせず、コメントバックが遅れております。申し訳ございません。こんな感じでのびております。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008.05.18

もう一匹の猫

母の日にとてもとても可愛らしいにゃんこさんがもう一匹我が家に。
ピンクのカーネーションにゃんこさんです。
このにゃんこさんは、「花屋ねこじゃらし」様にお願い致しました。
ピンクのおリボンを首輪に、遙々群馬県から来てくれました。

Imgp2059


フェルトのお耳としっぽ、おひげもぴんっと。

Imgp2065


チャイもご挨拶。


Imgp2071


一緒にひなたぼっこもしましょうか。

参考

「花屋ねこじゃらし」
住所:〒371-0013 群馬県前橋市西片貝町5-4-8エル・アルカザール小池101
電話:027-223-8686
メールアドレス:info@hananeko.net
HP:http://www.hananeko.net/top.html
営業時間:10:00~20:00(午前10時~午後8時)
定 休 日:木曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.15

葵祭によせて

今日はとてもいいお天気の中、葵祭が行われました。
残念ながら、今日は仕事で見に行けませんでしたが、
このお祭りに欠かせない植物、フタバアオイをご紹介します。
フタバアオイ(学名Asarum caulescens)はウマノスズクサ科フタバアオイ属の多年草で、
茎が二股に分かれ葉を付けることから、この名が付きました。
この時期、フタバアオイには花が咲くのですよ。

フタバアオイは別名をカモアオイとも呼ばれます。
上賀茂・下鴨神社の神紋になっています。
あの有名な徳川家の三つ葉葵紋は、この神社の神紋に由来するそうです。

Dscf3777

勅使や斎王代のかざしを飾ります。

Dscf3778

葉の元にはこんな花が。


参考

写真:2008年5月5日 京都府立植物園 植物生態園にて

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.05.13

香川旅行 その5 琴平温泉ホテル紅梅亭

薄暗くなってきましたので、今夜のお宿へ。
金刀比羅宮の参道すぐは、琴平温泉街。
泊まったお部屋の隣では、翌日ワンマンショーをされる鳥羽一郎さんがお泊まりに。
(割と小柄な方なんですね~。)
懐かしき、昭和の香り?がする温泉街です(笑)。
大きいホテルですが、ホテルの従業員の方々はとても気さく。
色浴衣が選べるのですが、「付け帯はなんだか慣れないです~。」と話すと、
お風呂場で従業員のおばさま達と着物談義に花が咲きました。
暖かい県の知恵、夏の長襦袢のウラ技とか、みやつ口や袖口の面白いやり方などなど。
タオルや浴衣も替えが沢山有り、気持ちが良いです。
お部屋にはマッサージチェア付き。
上げ膳据え膳のお宿はちょっと申し訳ない感じがするのですが、
今回は贅沢を致しました。

Dscf2366


鮑の踊り焼き。生きたまま豪快に。鮑さんごめんなさい。おいしかったです。


Img_0197


ビール瓶のラベルは、こんぴら温泉オリジナル。

Img_0200


足湯も入れて、お風呂は男女別で全部で4つ。
翌日は入れ替え制なので、合計8つも入れます。
バラ風呂がお花たっぷりで、贅沢でした~。

旅行会社から湯巡りチケットがあったのですが、夜から雪が凄く、
お向かいの1件だけ廻って、すぐ帰ってきました。
(そっちのホテルでも、演歌歌手のワンマンショーがロビーで繰り広げられてました)

Img_0206

朝ご飯もしっかり。


Img_0208

お風呂にはこのように、新しいタオルが使い放題です。


Img_0209

早朝、だれもいなかった大浴場をパチリ。
たまにはこんな贅沢もいいですよね?

参考

写真:2008年1月19日~20日

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008.05.12

香川旅行 その4 金刀比羅詣 旭社

旭社は二層入母屋造、祭神は天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・伊邪那岐神・伊邪那美神・天照大御神・天津神・国津神・八百万神。
上層の屋根裏には巻雲が、柱間・扉には人物、鳥獣、草花がそれぞれ見事に彫刻されています。
これほどまで豪華ですと、次郎長の代参石松が間違えてしまったのも分かるような気がします。


坂本竜馬で有名な才谷屋の名前入り寄進灯篭や、奥社・宝物館等や、
お酒やおまんじゅうなど、沢山の見所・味所が予習不足でして・・。
これはやはりもう一度リベンジをしたいなと思っています。

Img_0190


Img_0189


参考

写真:2008年1月19日 金刀比羅宮にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.11

母の日

母の日
我が家にもう一匹、ピンクのにゃんこがきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.05.05

上賀茂神社 賀茂競馬

時々雨のかかる不安定なお天気でしたが、上賀茂神社 賀茂競馬へ行ってきました。

賀茂競馬は、平安時代の寛治七年(1093)堀川天皇が天下泰平・五穀豊穣をご祈願のため5月5日の節会に、宮中の武徳殿で開催されていた行事を賀茂神社に移されたとされています。
乗尻(騎手)が、左方「赤」と右方「黒」の二組に分かれて行います。
衣装は当時武徳澱にて行われていた近衛府の武官が装着した舞楽衣装を。
左方は打毬楽(たぎゅうらく)、右方は狛鉾(こまぼこ)の装束です。

Dscf3741


お馬さんは10時くらいからスタンバイしています。
木製の和鞍など古来の馬具を使用し、乗馬法は「賀茂悪馬流」と伝えられています。
代々賀茂県主一族が勤めています。

Dscf3745


馬場は榊で清められ、鞭打ちの桜の青葉も清らかです。


Dscf3854


各競馬ごと、馬も祓え、清めの儀式が有ります。
この時期満開の桐の大木も見事です。

Dscf3893


Dscf3894


Dscf3895


一番のみは倭文庄(しどりのしょう・左方)が先に走り、金津庄(かなづのしょう・右方)が追い、左方が必ず勝ちます。
二番以降は、競り合いを勝したもの。現在は六番勝負です。
「合うたー(馬ぞろえが合った)!!」の掛け声も勇ましく、馬場を一気に駆け抜けます。

Dscf3921


忘れずに、今日は端午の節句。
神馬堂の焼きもちと柏餅で。


きくみ様のお問い合わせで、桐の花を追加です。

Dscf3919


結構大きな花です。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008.05.04

石清水灯燎華

日付詐称ですが・・・。
ちょっと忙しかったので・・・。

石清水灯燎華へ行ってきました。
石清水灯燎華とは、平成11年から御鎮座1140年を記念して「平成の大改修」告知イベントとして始められました。
石清水灯燎華は、毎年5月4日のみの一夜限りの限定イベントです。

京阪の八幡駅から、男山ケーブルで山頂へ。
ケーブルの途中では夜景も見られます。
明かりは全て、蝋燭や灯篭。
この日は風が強かったのですが、火が消えるたびにお宮の皆様が繰り返しチャッカマンで灯して下さいます。
また、お宮のお手伝いの皆様、地元の方々が多く、参拝の方もご近所の方が多く、そこここでローカルトークが繰り広げられ、地元密着のお宮の現状が垣間見れます。

Dscf3702


Dscf3703


一灯一灯、お宮の皆様が灯してくれます。

Dscf3726

参拝者の祈りをのせて。


Dscf3729

浮かび上がる幻想的な本殿、本日は拝観無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

庭と庭猫

四月終わりの庭は、春名残の花と、初夏の花とで満載。
パンジー、ビオラ、サフィニア、羽衣ジャスミン、カロライナジャスミン、躑躅に名残椿、ハナニラ、芝桜、チューリップ他(わが家のラインナップです)。
特にこの時期綺麗なのは・・・。


Dscf3515

デッキいっぱいにはう、モッコウバラ。

Dscf3520

これは私の大好きな卯の花。
小さい植木だったのが、私の背丈ほど伸び、毎年零れんばかりの花を付けてくれます。


お庭でひなたぼっこも暖かく、


Img_0409

雪の時はこんなだったのが、

Img_0412

暖かくて、だらっと。

Dscf3512

更に暖かくなって、母お手製のチョッキを脱いで、まったりしております。
しかし、目の前の檸檬の木に来るぱたぱた(揚羽や紋白)を捕まえるために、
花壇に突っ込み、怒られています。

参考

写真:2008年2月10日、4月26日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.02

くるくる変わる猫。

にゃんこはよく、表情がないと言われますが、なんのその。
めちゃくちゃ面白い顔をいっぱいしますよ。


Img_0439

おねず持って遊んで欲しい顔。

Img_0441

ご飯をねだったが、貰えなかったがっかり顔。


Dscf3513

ひなたぼっこで寝ていたのに、無理矢理起こされた迷惑顔。

Img_0419

背後に空き缶を落とされて、吃驚した顔。

参考

写真:2008年4月26日 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »