« 大阪造幣局桜通り抜け その1 | トップページ | 香川旅行 その3 金刀比羅宮 書院参拝 »

2008.04.24

大阪造幣局通り抜け その2

Dscf3464

松月:東京の荒川堤にあった品種とされ、花色は淡紅白色から、満開時には白色に変化。

Dscf3467

花染衣:花見時の衣装である染衣にちなむ。


Dscf3447


麒麟:東京荒川堤の園芸品種、葉化した雌しべがあり、開花が進むにつれ色が薄くなる。


Dscf3451

蘭蘭:上野動物園のパンダ(ランラン)の死を悼み、松前市の子ども達によって名づけられました。


Dscf3406

桜のぼんぼり、見事なアーチ。

Dscf3453

花びら敷き詰め、紅桜色毛繊。


参考

写真:2008年4月19日 大阪造幣局にて

|

« 大阪造幣局桜通り抜け その1 | トップページ | 香川旅行 その3 金刀比羅宮 書院参拝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/40983007

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪造幣局通り抜け その2:

« 大阪造幣局桜通り抜け その1 | トップページ | 香川旅行 その3 金刀比羅宮 書院参拝 »