« 東山花灯路2008 | トップページ | 京都桜便り2008 その2 醍醐寺霊宝館 »

2008.03.29

京都桜便り2008 その1

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。
雨にむかひて月を戀ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに情ふかし。
咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころおほけれ。
       
                                               (徒然草 137段)

Img_0628_2


参考

写真:御所にて

|

« 東山花灯路2008 | トップページ | 京都桜便り2008 その2 醍醐寺霊宝館 »

コメント

桜と聞くとソワソワするのはなぜでしょう。

明日はお天気が悪そうなので
今日はお花見の人が多かったんじゃないですか?

今年の桜はせっかちさんですね。
うっかりしてるの見逃しそうです(^_^;)

投稿: Milk | 2008.03.29 22:53

あれ、いつ行かれたのですか。
昨日なら、またニアミスだったかも。

投稿: なおくん | 2008.03.30 07:51

おはようございます、Milk様

京都桜開始ですね!!
もう、週末はお天気を気にしつつ、私もそわそわしてしまいます。

今年の桜はあっという間の様な。
うかうかしてられませんわ!!

投稿: いけこ | 2008.03.31 09:07

おはようございます、なおくん様

夕方6時前くらいに、御所に行きました。
着物で出掛けたのですが、なおくん様とまたまたすれ違いでしょうか!?
くぅ~、次は捕まえます!!

投稿: いけこ | 2008.03.31 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/40663137

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り2008 その1:

« 東山花灯路2008 | トップページ | 京都桜便り2008 その2 醍醐寺霊宝館 »