« 京都桜便り2008 その1 | トップページ | 京都桜便り2008 その3 醍醐寺三宝院・憲深林苑 »

2008.03.29

京都桜便り2008 その2 醍醐寺霊宝館

Img_0546


桜先がけ、山門花迎え。


Img_0567_3

天より零れんばかり、花連綿。


Dscf2913


Img_0556_2


樹齢重ねて猶、瑞々しい艶姿。


Dscf2923


こちらも年を重ねて庭の友を真似るか、枝垂れ様

|

« 京都桜便り2008 その1 | トップページ | 京都桜便り2008 その3 醍醐寺三宝院・憲深林苑 »

コメント

おはようございます
霊宝館も見ごろですねー
ここはまだこの時期見てません
醍醐でも早手ですね前も散りが激しかった
御所といいここといい旬の花が見れていいなー
散りの風情も一興かと思いますので来週まで
散り過ぎないよう祈るばかりです
京の気温も少し下がっているような・・

投稿: kame | 2008.03.30 06:12

おはようございます、kame様

まさに満開、旬という風情でした。
こちらと三宝院の枝垂れは満開見頃、参道のソメイヨシノはまだまだでした。
kame様がいらっしゃる頃には、御所近衛糸桜の遅手(まだまだ蕾、開花は来週末ビンゴです)
満開ソメイヨシノが楽しめるのでは。

投稿: いけこ | 2008.03.31 09:12

いけこ様、こんにちは(2回目)!

醍醐寺・霊宝館は学生時代に実習で行きました。
ここの桜、大きくて見事だったのを覚えています。
お庭もきれいやったような。。。

↑上の桜もキレイですねぇ〜。
緋毛氈を敷いた床机が置いてあるのがイイですねぇ。
あぁ、春ですね〜。

投稿: @くみ | 2008.03.31 15:50

こんにちは、@くみ様

もしや、実習と言うことは、@くみ様も学芸員の資格をお持ちですか!?
この日は、全ての仏様たち、ドイツのボンへ出張展示中でした。
ご本尊の阿弥陀様と脇侍の方々のみ、ぽつんといらっしゃったのが、寂しげな感じでした。

こちらの枝垂れはもう、豪華と言うことにつきます。
みっしりと花が咲いている様子は溜息ものですよねぇ。

投稿: いけこ | 2008.04.01 11:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/40681109

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り2008 その2 醍醐寺霊宝館:

» 京都桜便り2008 醍醐寺霊宝館 [桜花ぶろぐ]
樹齢重ねて猶、瑞々しい艶姿。 続きは、東山雑記」にて。... [続きを読む]

受信: 2008.03.30 21:12

« 京都桜便り2008 その1 | トップページ | 京都桜便り2008 その3 醍醐寺三宝院・憲深林苑 »