« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008.03.31

京都桜便り2008 その5 御所近衛邸跡糸桜・出水の桜

Dscf3013_2


Img_0630

麗しの京都の魁、近衛邸跡、花雅び。


Img_0652


Dscf3025


黄昏の雫、出水の桜、茜差す。


参考

写真:2008年3月29日 京都御所にて

| | コメント (10) | トラックバック (4)

2008.03.30

京都桜便り2008 その4 インクライン・哲学の道

Img_0598


Img_0600


見頃は来週末か、期待の桜ライン。

Img_0626

Dscf2982

こちらも桜を補うように、雪柳零れんばかり。

参考

写真:2008年3月29日 インクライン・哲学の道にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都桜便り2008 その3 醍醐寺三宝院・憲深林苑

Dscf2934


玉蘭、枝垂れ桜共演、春爛漫


Img_0572


春雨少々、豪華な花傘を差すべきか。

Img_0574


Img_0589


Img_0591


Img_0592


Img_0593


五七の桐の幔幕、秀吉の醍醐の花見を彷彿と。いざいざ行かん。


参考

写真:2008年3月29日 醍醐寺三宝院・憲深林苑にて

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008.03.29

京都桜便り2008 その2 醍醐寺霊宝館

Img_0546


桜先がけ、山門花迎え。


Img_0567_3

天より零れんばかり、花連綿。


Dscf2913


Img_0556_2


樹齢重ねて猶、瑞々しい艶姿。


Dscf2923


こちらも年を重ねて庭の友を真似るか、枝垂れ様

| | コメント (4) | トラックバック (1)

京都桜便り2008 その1

花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。
雨にむかひて月を戀ひ、たれこめて春のゆくへ知らぬも、なほあはれに情ふかし。
咲きぬべきほどの梢、散りしをれたる庭などこそ見どころおほけれ。
       
                                               (徒然草 137段)

Img_0628_2


参考

写真:御所にて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.26

東山花灯路2008

すっかり京都の春の風物詩となりました「東山花灯路」へ、梅見の後、行ってきました。
この日は昼間の暖かさを夜まで保っていてくれましたので、去年ほど寒くなく、
春らしい宵のそぞろ歩きができました。

Dscf2785_2


Dscf2803_2


去年は人が少なかったのですが、今年はずいぶんと多く、
そのせいか、去年あった貸出提灯がありませんでした。
少し残念です、風情があってよかったのですが・・・。


Img_0521

ねねの道で「狐の嫁入り行列」と出会いました。


Img_0522

八坂の塔の前では、可愛らしい火の用心隊も。

Img_0525


春の宵、灯篭の明かりを楽しみつつ、そぞろ歩き。


参考

写真:2008年3月16日 東山界隈

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.03.25

二条城・御所の梅2008

引っ越しが無事に済み、部屋はまだまだ片付いてはいないのですが、
麗らかな日差しに誘われて、夕方近くふらりと出掛けてしまいました。


Dscf2712


ひと花に源平咲き分け、色めでたし。


Dscf2686_2


天より下る、梅花芳し。


Img_0497


落日受け、はたと落ちてもなお主役


Img_0510


白梅、ほんのりと夕日に染まる

Img_0491


散り梅、足袋梅、紅白梅。


Dscf2693

Dscf2749_2


当日は着物のお陰で、京都市バス、地下鉄、二条城も入場無料。
なんともお得。うふふ。


参考

写真:2008年3月16日 二条城梅林・御所梅林にて
着物:椿柄紺地大島紬(母より譲り受け) 
    芥子色八寸染め名古屋帯(母より)
    黒地絵羽織(母より)
    足袋(自身購入)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008.03.24

更新再開です!

おはようございます、皆様、ご無沙汰致しております。
お陰様で、無事に引っ越しも終了し、ブログを再開することが出来ました。
早々にコメント頂いておりましたのに、お返事出来ず、申し訳ございませんでした。

更新再開です!

当初は、↑こんな状態だった部屋も、何とか片付きました。
お約束通り、桜に間に合いまして、一安心です。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »