« 時代祭2007 維新~安土桃山時代まで | トップページ | 時代祭2007 安土桃山時代~吉野時代まで »

2007.11.04

京都紅葉便り2007 その1 早紅葉天龍寺

冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花毛佐家礼杼 
山乎茂 入而毛不取 草深 執手母不見 
秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曾思努布 
青乎者 置而曾歎久 曾許之恨之 
秋山吾者

冬ごもり 春さり来れば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど
山をしみ 入りても取らず 草深み 取りても見ず
秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞしのぶ 
青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 
秋山ぞ吾は

『万葉集』 巻第1 第16歌 額田王


霜月になりました。錦秋の京都の始まりです。
早紅葉を訪ねて、嵐山へ行ってきました。

Img_0079


Img_0081


ほんのり色づき、曹源池。


参考

写真:2007年11月3日 嵐山、天龍寺にて

|

« 時代祭2007 維新~安土桃山時代まで | トップページ | 時代祭2007 安土桃山時代~吉野時代まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/16971951

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉便り2007 その1 早紅葉天龍寺:

« 時代祭2007 維新~安土桃山時代まで | トップページ | 時代祭2007 安土桃山時代~吉野時代まで »