« 時代祭2007 | トップページ | 京都紅葉便り2007 その1 早紅葉天龍寺 »

2007.11.01

時代祭2007 維新~安土桃山時代まで

ひどい風邪を引いてしまい、アップが滞っておりました。ごめんなさい。
10月22日、秋晴れの中、粛々と進んだ時代祭の行列。
今年からは初お目見えの時代もあり、新たな出発でもあります。

時代祭とは、1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建された時、
平安神宮の大祭、建造物、神苑の保持のため、市民により平安講社が組織され、
記念事業として時代祭が始まりました。
桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に遷都した10月22日にちなみ、
御所より平安神宮4.5㎞間を、総勢2000人ほどの2㎞に達する行列が進みます。
衣装や装束の時代考証が素晴らしく、風俗文化での意趣に酔います。
行列の内容は、
治維新時代 :維新勤王隊列 →江戸時代 :徳川城使上洛列 → 江戸時代婦人列
→ 安土桃山時代 :豊公参朝列 → 織田公上洛列
→室町時代 (新設):室町幕府執政列 → 室町洛中風俗列
→吉野時代 :楠公上洛列 →中世婦人列→ 鎌倉時代 :城南流鏑馬(やぶさめ)列
→藤原時代 :藤原公卿参朝列→平安時代婦人列
→延暦時代 :延暦武官行進列→ 延暦文官参朝列 → 神饌講社列 →前列 →神幸列 →弓箭組列

要所要所で、各時代列に踊りやら、掛け声などがあり楽しめるようになっています。

大学生の頃、授業の一環で見学後、レポート提出したなぁと思い出しながら、
今年は堺町御門の前で観覧しました。
堺町御門は、行列が公道へ出る玄関口にあたります。
信号や交通規制中の市バスを通すため、行列が必ず立ち止まるので、じっくり見られます。

まずは、治維新時代 :維新勤王隊列 →江戸時代 :徳川城使上洛列 → 江戸時代婦人列

Dscf1859

行列を先導するのは、名誉奉行の現京都府知事・京都市長。


Dscf1860

時代祭の始まりです。


Dscf1865


Dscf1867

勤王鼓笛隊、官軍山国鉄砲隊。
独特の足運びで、笛と太鼓と共に。


Dscf1869


志士列、七卿落ち


Dscf1873


Dscf1878

徳川時代、城使の上洛。


Dscf1882


仁孝天皇の第八皇女。14代将軍・徳川家茂の正室。


Dscf1883


吉野太夫、鷹ヶ峯の常照寺の山門を寄進。


Dscf1884


出雲の阿国。

|

« 時代祭2007 | トップページ | 京都紅葉便り2007 その1 早紅葉天龍寺 »

コメント

風邪はすっかり完治されました?
はやっているようですので、ひきずらないようにね。

初めて時代祭りの流れをちゃんと知りました。
いつの時代の行列をしはるのかなと思っていたのですが
平日が多いこともあり、行事がある事実だけでした。
いけこさんならいつの時代の衣装に身を包みたいと思われました?

投稿: きくみ | 2007.11.02 16:15

いけこちゃん、ずいぶんご無沙汰してます。
風邪の具合はいかがですか?
すこしはよぅなりましたか?

時代祭、いぃですね。
京都らしいお祭ですよね。

11月になってずいぶん秋らしくなりましたね。
かぁの近所の森も少しずつ紅葉がはじまっています。

京都はたくさん紅葉の名所があるので、これから忙しくなりそうですね。
素敵な写真、期待してるよぉ☆

投稿: かぁ | 2007.11.02 22:51

その後お加減はいかがですか。
しっかりと治さないと、後を引きますよ。
くれぐれもお大事に。

やはり時代祭は御所が似合いますね。
次の機会には私も行こうかな。て、何年後になるか判りませんが。

私が好きなのはこの出雲の阿国で、
本人もそうですが後ろの二人の傾きぶりが良いですね。

投稿: なおくん | 2007.11.04 16:00

おはようございます、きくみ様

やばいなぁとだましだまし連続出勤していたら、こんなことに・・・。
無理はいけませんね、やっと本復ですよ。
ご心配有難うございます。

今年の時代祭はタイミングが良くお休みだったのです。
やはり、憧れの巴御前で行列に参加したいです!!

投稿: いけこ | 2007.11.05 09:46

こんにちは、かぁ様

お陰様で、やっと本復です。
毎度毎度心配をかけてしまってごめんなさいね。
今度は是非、カフェでゆっくりしましょう!!

時代祭も終わり、京都も紅葉が始まりました。
しばらくは週末、色々走り回る事になりそうですわ~。

投稿: いけこ | 2007.11.05 09:48

おはようございます、なおくん様

お陰様で、無事に回復致しました。
やはり連続15日出勤はよくなかったみたいです・・・。

時代祭は風俗、装束の時代考証がしっかりしていて、本当に楽しいですよ。
私はやはり、稀代の女武者、巴御前です!!

投稿: いけこ | 2007.11.05 09:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/16849217

この記事へのトラックバック一覧です: 時代祭2007 維新~安土桃山時代まで:

« 時代祭2007 | トップページ | 京都紅葉便り2007 その1 早紅葉天龍寺 »