« 伊吹山登山2007 山頂へ | トップページ | 伊吹山登山2007 伊吹山山頂から下山 »

2007.09.01

嵐山鵜飼

そろそろ秋の気配がしてきたとは言え、昼間はまだ暑いです。
しかし、そろそろ宵に舟遊びは涼しかろうと嵐山の鵜飼へ行ってきました。
鵜飼とは、かがり火を焚き、鵜(ウ)を使ってアユを獲る伝統的な漁法です。
風折烏帽子、漁服、胸あて、腰蓑姿の鵜匠が、5羽から10羽程度の鵜を操ります。
京都では、宇治川(宇治)、大堰川(嵐山)の鵜飼が有名です。

Img_0743


昼間はボートが浮かぶ船着き場から、屋形船に乗船します。


Img_0755


船内は茣蓙敷き、船縁にもたれて、ゆらり出航。
艪は漕がず、船頭さんの棹のみ。


Dscf1673


鵜飼の船を待つ間、水上売店も寄せてきます。

Dscf1677


Dscf1717


Dscf1734


鵜飼の船は、屋形船の間を何度も往復します。
船端を叩いて鵜を励まし、時には船に鵜をあげて、休ませます。
約1時間の鵜飼は、本当に目の前で何度も見られるので、とてもよかったです。

Img_0759


古式ゆかしき鵜飼舟、
水面からの風が涼しく、ゆるりと進む船の揺らぎが心地よいです。


参考

嵐山通船株式会社

HP:http://www16.plala.or.jp/kyoto-yakatabune/
HP:(鵜飼)http://www16.plala.or.jp/kyoto-yakatabune/index.html

|

« 伊吹山登山2007 山頂へ | トップページ | 伊吹山登山2007 伊吹山山頂から下山 »

コメント

いけこ様

はじめまして。

TBのお礼コメありがとうございました。
返事遅れましたがレス返していきます。
いけこさんのブログは写真が綺麗で、文章も品があって癒されます。
アメブロでないのが残念ですが、明日お礼に私のはてなアンテナからリンク流しておきますね。

石焼きラーメンの話題ですが、以前の記事をサルベージしてきました。
http://ameblo.jp/gumma-tennis/entry-10040694522.html
ぜひ読んでみてください。


投稿: ブログ交流向上委員会 会長 | 2007.09.02 00:45

お姉さま なんとも風流な~
ぼんぼんの灯りとかがり火がいいですね。
そのアユは頂くのでしょうか?
花より団子 すみません・・・。
(白浜行った時のアユ思い出して。
初のアユ骨抜きにうれしかったものですから)

投稿: きくみ | 2007.09.02 14:35

年初に岐阜へ行った際に、そう言えばこの地方じゃ鵜飼いが有名だよなぁと思って調べたのですが、あれは冬はやってないんですね。京都でもあるんですか、いいなぁ、見てみたいなぁ。
東京の屋形船だと船の中で天ぷら食べてお酒を飲んで、と宴会になるのですが、そちらは風情が全然違いそうですね(^_^;)。

投稿: Qing Zui | 2007.09.02 21:08

おはようございます、ブログ交流向上委員会 会長様

コメント有難う存じます。
こちらからもTBを返したのですが、アメブログさんとは相性が悪いのか、なかなか上手く行きませんでした。
TBはまた、次回に致したく。

拙ブログをお褒め下さいまして、有難う存じます。
いやはや、面はゆうございます。
会長様の精力的なブログ、ご活躍楽しみにしております。
石焼きラーメンの記事も有難うございました!!
今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: いけこ | 2007.09.03 09:49

おはようございます、きくみ様

今回は鵜飼いのみです。
どうやら、10人以上だと、船の貸し切り+お料理付きで楽しめるようです。
幾つかの船は、賑やかに楽しんでらっしゃるところもありました。
しかし、一時間と短いので、ご飯を食べていると結構慌ただしいかも。

投稿: いけこ | 2007.09.03 09:56

おはようございます、Qing Zui様

鵜飼いもどうやら、漁期があるようですね。
長良川の鵜飼いも有名ですものね。
嵐山の鵜飼いは、のんびり揺られるのがいいのかもしれません。
暮れ方でだんだん空が変わって行くのを見つつ、ゆらりと。
あ、でもでも、東京の屋形船の宴会も経験してみたいです(笑)。
屋形船の宴会って、やはり、江戸が本場なんでしょうし。

投稿: いけこ | 2007.09.03 09:59

嵐山の鵜飼素敵ですね(*^_^*)
いけこさんはもちろん浴衣でおでかけでしたか?

一度ゆっくり舟遊びもしたいものです。

投稿: Milk | 2007.09.03 12:24

こんにちは、Milk様

ちょっとお天気が心許なかったのと、
連日の雨で増水の可能性がということでしたので、
浴衣はお預けにしました。
ですが、乗船に浴衣割引が有りましたよ~。
次回は是非、着物か浴衣で行ってみたいです。

投稿: いけこ | 2007.09.04 13:48

いけこ様、こんにちは〜。
おぉ、これまた風流でございますね。

この“鵜ちゃん”達はとった魚を
食べられないんですよね。
ちょっと、かわいそうな気がします。

私、“鵜”柄の提灯が気に入りました。
(←また、けったいなものを…)

投稿: @くみ | 2007.09.04 15:30

こんにちは、@くみ様

どうやら、縄を鵜の首に巻いていて、
その巻幅で魚の大小選別をするらしいです。
縄の幅より小さい魚は、鵜の胃の中へ。

この鵜提灯、かわいいでしょう!!
私も写真撮りまくりでした(笑)。
この提灯、電球でなくちゃんとお蝋燭なんです。

投稿: いけこ | 2007.09.05 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/16311897

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐山鵜飼:

« 伊吹山登山2007 山頂へ | トップページ | 伊吹山登山2007 伊吹山山頂から下山 »