« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

伊吹山登山2007 山頂へ

昨日でやっと蔵書点検が終了。
(職場ではNK2と呼ばれる期間、N=長い、K=キツイ、汚い@職員、N=無い、K=困る、懇願@学生)
後期の講義開始まで(追試・再試の学生はでてきますが)、
九月中旬までは少しのんびりできます。
更新頑張ります!!

さて、贅沢ランチでお腹をふくらませてから、伊吹山へと参ります。
登山と勢い込んで書いてしまいましたが、実は伊吹山、
伊吹山ドライブウェイで9合目まで車であがれます(照)。
もちろん、麓からの登山コースもございます。

伊吹山は滋賀県と岐阜県の県境に位置する、標高1377mの山です。
日本百名山の一つであり、高山植物の宝庫。伊吹山の固有種も多くあります。
また、文学、歴史上でも係わりが深く、
歌枕や「日本書紀」にて日本武尊が傷を負った地としても有名です。
9合目からは、3本の登山コースが山頂へと伸びています。
西遊歩道コース:山頂まで約40分、長さ約1000m。緩やかな勾配。沢山の植物が楽しめます。
中央遊歩道コース:山頂まで約20分、長さ約500m。急勾配の階段道。主要な植物が楽しめます。
こちら2コースは、サンダルにてもあがれます。日傘をさして上がる方も多数です。
東遊歩道コース(下り専用):山頂から約1時間、長さ約1500m。悪所あり。軽装備では無理。群生地が見られます。


私は、登りは中央遊歩道コース、下りは西遊歩道コースで。
風はひんやりとしてとても涼しく、日差しが眩しいですが、清涼感たっぷり。
高山植物は夏の名残。秋の気配が忍び、秋の虫の声も賑々しいです。

Dscf1606


9合目の駐車場。


Dscf1614


振り向けば、遠く姉川の蛇行。

Dscf1615


緑の合間を、山頂と言うよりは、青空に向かっているかの様。

Img_0680


途中では、夏の名残のシシウド、秋の花、サラシナショウマの群生が。

参考

写真:2007年8月25日 伊吹山にて

伊吹山ドライブウェイ
HP:http://www.ibukiyama-driveway.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.30

伊吹山登山2007 近江牛、贅沢ランチ

8月のあまりの忙しさに、色々更新が途中で滞っておりますが・・。
まずは、先週土曜日の伊吹山から。

AM10:00頃、京都市内を車で出発。
名神高速道路、京都東ICから一路、滋賀へ。
滋賀、安土に住む友人推薦のお店で、近江牛贅沢ランチを。
友人お勧めの名物石焼きのコースを注文しました。
前菜・牛肉刺身・石焼・ 牛トロにぎり 御飯・フルーツがついて、6,300円(2名以上から)。
コースの値段は、お肉の等級によって変わってきます。
ちょっと贅沢して、下から2番目のコースで。(贅沢、贅沢)


Dscf1599

近江牛の刺身。
とろんとして、まったりした食感。お肉の臭みは全く無し。

Dscf1600


メインの、石焼きのお肉達。
左から、ヒレ、サーロインの2種類。


Dscf1601


こんな風に、目の前でじゅわじゅわ石焼きで焼いて貰えます。
肉汁たっぷり、とても柔らかいお肉です。
吃驚したのは、脂が結構のっているのに、あっさりしていること。
美味しかったです~。
手前に見える赤(鉄)と緑(青のり)は、これも近江八幡名物こんにゃくです。


Dscf1603

牛トロ握り。
お肉のお寿司はあんまり食べたことがなかったので、ドキドキでした。
スダチをぎゅっと絞って、あっさりと。
お魚とは違った食感で、とても美味しかったです。


参考

写真:2007年8月25日 「毛利志満」 近江八幡本店にて

お店情報
「毛利志満」近江八幡本店
住所:滋賀県近江八幡市東川町866-1
TEL:0748-37-4325
FAX:0748-37-4945
営業時間:11:00~21:30
(最終入店時間 平日20:30/日祝20:00)
定休日:水曜日
HP:http://www.oumi-usi.co.jp/

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2007.08.26

オケ友、たこ焼きパーティ!

オケ友、たこ焼きパーティ!
みんなで焼いてます。

日付詐称ですが・・・笑。
後で、デジカメの画像あげますね。
皆、楽しかったです~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オケ友たこ焼きパーティ、差し替え版

一家に一台たこ焼き機。
これは大阪人の常識、家庭の事情(笑)。
というわけで、京都の我が家ですが、恒例のメンバーでたこ焼きパーティを。
縁日気分でいらせられませ~とお誘いしたら、浴衣美人がいらっしゃいました~。

Img_0726

Ba2提案で、たこ焼き生地に青のりin。
Vcが手作りパイを持参。
キムチ入り、コーン入り、ソースマヨネーズ、
挑戦で台湾マヨネーズ(不評笑)、スダチポン酢(結構イケます)。

Img_0731


くるくる着付けて、恒例の後ろ向き写真。
浴衣美人が2人も!!

Img_0734


デザートに、Tb、Vcの葡萄と、Cbの東京土産。
Tpのお土産ゼリーに、相変わらずの私の台湾菓子と台湾茶。


正午から始まって、終わりは何と夜八時!!
たっぷりしゃべりました。楽しかったです~。
皆、アップ遅くなって御免!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.25

伊吹山

伊吹山
登頂しました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.16

大文字送り火2007

今日は大文字送り火です。
お盆にお迎えしたお精霊さん(おしょらいさん)をお送りする日です。

Img_0707


今年は桜見で決めた御蔭橋にてお送りしました。


Dscf1567


Dscf1588


川面より、風の涼し、焔送り。


8時より順に点火。
大文字→妙法→舟形→左大文字→鳥居形と点ります。
人(大文字)が経を聞き(妙法)、彼岸への船に乗り(舟形)、
お精霊となり、全ての方を乗せ(左大文字)、彼岸の入り口(鳥居形)に向うそうです。
お精霊さんは、ご一緒に京都の夏も連れて行って下さいます。
猛暑の今年、さてどうなるでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007.08.07

五条坂の陶器市2007

この時期、五条坂では陶器市が開催されます。
京都の清水焼だけでなく、有田、備前、常滑など全国から集まります。
京都の夏の風物詩。
五条川端~東大路まで。北側が古くからの清水焼陶器屋さんが多く、
南側は新作家さんが多いです。

Dscf1545

Dscf1539


大正9年、「六道珍皇寺」にお精霊さん(おしょらいさん)を迎えに行く人、
また大谷本廟(西大谷)へお盆の墓参りに行く人が五条坂を賑わせていた時に、
五条坂に店を構える陶器屋が登り窯で出た大下(おおげ)を売り出したのが始まりです。

毎年8月7日~10日まで。夜11時くらいまで、お店は開いています。
夕方から9時くらいまでが特に賑わいます。
夕涼みに、屋台狙いのお子さん連れや、掘り出し物探しに。

Dscf1551_2

今宵は丁度夕立上り、一雨の涼、宵のそぞろ歩き。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.08.06

有難うございますぅ。

有難うございますぅ。
皆様、お見舞い有難うございます〜。
皆様の優しさに感涙、ズビズビ。
お陰さまで経過もよく、本日から怒濤の蔵書点検開始でございますよぅ。
テーピングしながら頑張ってます!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »