« 吉符入り2007 | トップページ | うとうと猫 »

2007.07.07

白峯神宮 蹴鞠

七夕の今日、白峯神宮へ蹴鞠を見てきました。

蹴鞠は中国より1400年程前に仏教と共に伝わり、本場中国では滅びましたが、
日本では現在、飛鳥井、難波流が伝わっています。
蹴鞠の最大の特徴であるのは、無勝負であることです。
鳥羽天皇の時代(1107~1122年=平安後期)に大納言藤原成通という希代の名人が現れ、
1000日の鞠が成就した時、夢に3匹の神猿が現れ、
この御神名が鞠を蹴る時の「あり、おう、やあ」の掛け声になったと伝えられています。

Dscf1251


祝詞を上げ、舞殿で雅楽8催馬楽かな?)と舞(山科流)が奉納されます。

Img_0547


鞠水干の鞠足が揃います。

Dscf1259


Dscf1261


Img_0554

鞠は鹿革を馬の背革で縫い合わせた、中身は空洞の軽いもの。
神前に祈念されていた、「枝鞠」から鞠庭で「解鞠」を行います。
その際、枝から鞠を取るしぐさは見せません。
この日は七夕なので、枝は梶の木。


Dscf1264


Dscf1268


一座8人で、約15分~20分ほど。
「小鞠」で足慣らしをし、蹴鞠開始です。


Dscf1280


Dscf1292

Img_0559

蹴鞠は、右足でのみ蹴り、必ず膝は曲げず、足の甲で蹴ります。
蹴る配分は『軒』が責任を持って-座の鞠足によく行き渡るようにします。
鞠が来た時は、3足で蹴ります。

|

« 吉符入り2007 | トップページ | うとうと猫 »

コメント

白峯神社の蹴鞠に行かれたのですね。
私も行きたかったのですが、
時間が合わなかったので断念しました。
スポーツというより古式ゆかしい儀式といった感じでしょうか。

それにしても沢山の人ですね。
場所取りが大変だったのではないですか。

投稿: なおくん | 2007.07.08 09:16

おはようございます、なおくん様

それがですね、場所取りは意外とそんなに苦労しておりません。
初見だったので、場所感覚がつかめなかったのですが、なかなかいい場所でした。
どうやら、来賓やご近所の方々以外は、
1座で何回か鞠の応酬を見た後、帰られる観光客が多く、回転がよかったです(笑)。
蹴鞠、躍動感があり(逸れた鞠を走り込んで取ったりしますから)、面白い儀式でしたよ。

投稿: いけこ | 2007.07.09 10:53

3枚目の写真で梶の枝に鞠を、はさんでいるように見えます。
まだ、蹴鞠開始ではないんですよね?
かなりの難易度技。
考えるだけで手も足も出ません。(両手足出したりして(笑)
貴族たちは、いかに優雅に楽しんだんでしょうね?!

投稿: きくみ | 2007.07.09 14:59

雅な写真ですね~>ほれぼれ♪

一度、見たいと思いながら土、日行事はなかなか見ることが叶いません。

いけこさんの写真で楽しもう~っと(^◇^)

投稿: Milk | 2007.07.09 16:39

おはようございます、きくみ様

そうなんです、まず、枝から鞠を解いて、
それから、すり足で鞠庭の真ん中まで進みます。
そこから、一人ずつ鞠足が入庭して、全員揃ってから、蹴鞠開始です。
やはり平安貴族の儀式、なかなかゆったり進みます(笑)。

投稿: いけこ | 2007.07.10 09:54

おはようございます、Milk様

私も初めて蹴鞠を見たのです。
行事進行はまさに典雅、ゆったり進みますが、
いざ、蹴鞠が始まると、結構アクティブ。
逸れた鞠を走り込んでキャッチしたり、
後ろ向きに鞠を上げたり。
女性も2人、鞠足にいらっしゃいました。

投稿: いけこ | 2007.07.10 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/15685254

この記事へのトラックバック一覧です: 白峯神宮 蹴鞠:

« 吉符入り2007 | トップページ | うとうと猫 »