« 京都桜便り2007 その18 仁和寺2 | トップページ | いってきます。 »

2007.04.22

松尾大社2007 山吹

Img_0020


山吹に囲まれた橋渡り、神域へ。


Img_0036_1

酒の神、山吹の水を汲み。

Yamabuki


Img_0001_1

山吹の 立ちよそひたる 山清水 汲みに行かめど 道の知らなく
               『万葉集巻二 158番』 高市皇子   

Img_0021


雨の一つ雫、山吹の枝撓わせて。

|

« 京都桜便り2007 その18 仁和寺2 | トップページ | いってきます。 »

コメント

いけこさん、こんばんは(^-^)
見事な山吹ですね♪
黄色の花って見ると元気が出ますね。
4枚目のお写真、好きです(笑)

投稿: shino | 2007.04.22 23:45

ヤマブキ、見ごろですね~(*^_^*)
人も多いかな?

投稿: Milk | 2007.04.23 19:01

山吹色は、平安時代などの装束でもよく使われてますよね。
重ねにすると、他を引立てそうです。
一番上に着こなしている人のほうが素敵かしら?


投稿: きくみ | 2007.04.24 13:09

こんにちは、Shino様

花暦も白色~黄色の花へ移ってきましたね。
仰る通り、まさに息吹の力強さを感じます。
今年は例年より一週間も早い満開です。
雨で残念だなぁと思いながら向かったのですが、
いやいや、雨の風情もしっとりとして、
なかなか良かったです。

投稿: いけこ | 2007.04.24 13:35

こんにちは、Milk様

今年の山吹開花は例年より一週間も早く、
桜と競演の処もありました。
山吹は早手が満開~散り色抜け程度です。
まだまだ楽しめますよ。
松尾大社は交通アクセスが若干不便で、
意外と人出も少ないところですよ。

投稿: いけこ | 2007.04.24 13:37

こんにちは、きくみ様

仰る通り、重ねの色目に「山吹」はありますね。
丁度今頃、若い人向けの重ねのようですよ。
面白いのは、「裏山吹」という重ね。
何と赤が重ねに入るのですよ。
緑と黄色なら分かるのですが、赤は何処から来たのでしょうね。

投稿: いけこ | 2007.04.24 13:51

裏山吹ですか・・・。粋な感じ!
対照的な色の組み合わせ。
やっぱり、日本の色辞典を買おうかな。

投稿: きくみ | 2007.04.25 13:33

こんにちは、きくみ様

「裏山吹」は、山吹の花を裏から覗いた重ねだそう。
ホント、日本の色の名は粋ですよねぇ。
日本の色事典ももちろんいいですが、
今は安く文庫で「重ねの色目(だったかな?後で確認しておきます)」という本があります。
我が家に所蔵してますので、お見せしますよ。

投稿: いけこ | 2007.04.26 11:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/14811289

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾大社2007 山吹:

« 京都桜便り2007 その18 仁和寺2 | トップページ | いってきます。 »