« 大文字送り火2006 | トップページ | 重陽の節句 »

2006.09.01

台湾雑記(6) 初台湾2003 中正紀念堂と台湾の徴兵制

台北車站からMRT淡水線にて中正紀念堂へ。

中正紀念堂とは、中正公園内にある、初代総統蒋介石の白い基台に青い屋根の紀念堂だ。公園はとても広く、同公園内には国家戯劇院と国家音楽庁(演劇・音楽を勉強する学校)がある。こちらは対照的に朱の古典形式建物だ。
死亡時の年齢と同じ89段の階段を上ると、衛兵に守られた巨大な蒋介石の座像があり、館内には、遺品や資料が博物館のように並んでいる。

丁度、最期の衛兵閉場式(国旗を降ろしていた)を見ることが出来た。
小雨が降っていたせいか、余り見学の人はいない。Tちゃんも濡れるのが嫌だと先に紀念堂へ行ってしまった。S君は私に付き合い、色々説明をしてくれた。
衛兵は統制のとれた動きで行進、国旗を下げ帰っていく。蒋介石座像前の衛兵も微動だにせず、瞬きもしない。汗が流れたら拭き、携帯している銃の位置や服装の乱れは逐一直す側にそれだけの為にいる世話役の上官がいた。
彼らを見ると随分と若い。S君が彼らは徴兵制で来て居るんだよと教えてくれた。ここにいるのは徴兵の中でもエリートなんだそうだ。資格として、五体満足であること、眼鏡もダメ、身長が180センチ以上であること、家族に犯罪者がいないことなど条件が色々ある。今ここにいるのは海軍だそうだ。

台湾の徴兵制については、時々S君から聞いていた。18歳以上の台湾国籍の男子は2年間徴兵へ行かなければならない。徴兵が終わらないと外国へも行けないし、就職も出来ない。そして、陸海空軍どこへ行くかはくじ引き!なんだそうだ。S君は高校卒業後、陸軍での徴兵を済ませてから、日本へ留学してきた。

Tちゃんのお国の韓国も徴兵制がある。テレビでは韓国スターが徴兵へ行くかでもめ、彼女自身、徴兵へ行ってない男は男じゃないと常々言っている。(台湾でもそうだが、そのために外国籍をとったりするそうだ。だが、それをしてしまうと後々国での生活が面倒らしい。また、女の子が嫌うので、結婚も出来にくいそう。)

18歳以上というと、日本では大学生か社会人。最も気力・体力も充実して、遊びに仕事に女の子とのお付き合いに励んでいる年代だ。その時期に一種特殊な状態で隔離され、肉体的にも精神的にも大変で危険な軍隊へ行く。実際にS君の脚は、徴兵中の大怪我で右足半分の皮膚の色が変わってしまっている。(彼の場合は、訓練中の事故ではなく、休暇中に交通事故に遭った。徴兵中だったため軍事病院に担ぎ込まれ、荒っぽい手術の結果、こうなった。)

同年代で、あまりにも違っている。それがいいとか悪いとか、そういうのではなく、日本人の私は聞いてみたくなった。
私:「徴兵制について、どう思っているの?」

S君は少し黙り、答えてくれた。

S:「正直に言って、はっきりした答えは持っていません。確かにマイナスなこと多いです。例えば、仕事でIT関連などですと、2年間も現場にいないとと取り残されます。お客さんも逃げてしまうかもしれません。彼女や家族や友人とも過ごせなくなるし、大学で研究をするなら、勉強も追いつかないかも。それに、やはり危険ですから。ですが、自分を見つめたり、自分の国というものを把握するには、とてもいい機会です。実際に攻めてこられたら、台湾の軍事力では3時間も持たないでしょう。(複雑なお国事情で、仮想敵国はかの国。)それを身をもって考えさせられます。ですから、そうならないように、経済的、文化的、政治的にも成長しなければと思います。まぁ、そこまで真面目ではないですが(笑)。もし、日本でいけこやTちゃんが痴漢にあっても、守ってあげられる自負はありますよ~。」

照れたのか最期の方は少し笑いながらだった。
けれど、普段、明るく冗談をいうS君のふと見せた表情が、とても印象に残った。

|

« 大文字送り火2006 | トップページ | 重陽の節句 »

コメント

いくつもの国の人と出会うと、色々考えたりするきっかけになりますね。
また率直に、そんな質問が出来るのは素晴らしいことですよぉ。
まずは、仲良くできる方法を考えたいですね☆☆

ただ今、チーズケーキを焼いております。
台座のスポンジも焼きました!ふんわりできたのをつまみ食い。
それだけで食べてしまうとこでした・・・。
さてさて、チーズスフレの出来はいかに?!
台湾は常夏に近い国。
となると、牛乳を始め乳製品はそんなに多くないのでは?
と想像してますがどうでしょう?

投稿: きくみ | 2006.09.03 15:24

いけこさん、こんばんは。

同年代の人同士でも、国が違えば環境や価値観
色んなものが違ってきますね。
それを「国の違い」と言ってしまうのは簡単ですが
その背景を知り、想う事は出来ますし
いけこさんのように、交流する機会を持つ事が
その第一歩のような気がします。

Sさんのお言葉、私はとても頼もしく感じます。
・・・日本の18歳位の男性にはなかなか言えないのではないかと(・_・;

投稿: shino | 2006.09.03 20:53

いけこさま、おはようございます。
うーん、S君の言葉、考えさせられました。
日本は経済的に豊かだし、衛生的で安全で、総合的に見て良い国だと思うけど、台湾で生活するようになって、うまく言えないけど、日本には「実」がない、と思うようになりました。
徴兵制の善し悪しはともかく、「痴漢にあったら守ってあげられます」の言葉に深いものを感じました。守られたいっ!

投稿: けんこう | 2006.09.04 11:18

こんにちは、きくみ様

おっしゃるとおり、本当によい機会を頂いたと思っています。
恐らく、この出会いがなければ、考えなかったことがとても多かったと。
そして、反対に彼らから訪ねられたことに、しっかり答えられるよう、知ることも大切だと。

チーズケーキ!うわ~、食べたい!!
レアチーズも好きですが、焼きも大好きです。
きくみ様、是非是非次回、写メ下さいませ!!

投稿: いけこ | 2006.09.05 15:06

こんにちは、shino様

彼らといると、同年代の人同士で、これほど違うのかと感じることが多く、また、同様に、うわぁ、面白いくらいそっくり(笑)と感じることも。
仰るとおり、「国の違い」だからとばっさり切ってしまうのではなく、そこから改めての理解が出来ればと思っています。

本当に、日々遊んでばかりでちゃんとレポート出さなかった学生達に、見習ってほしいものだと思います(笑)。

投稿: いけこ | 2006.09.05 15:19

こんにちは、けんこう様

京都は朝晩、少し過ごしやすくなりました。
そこはかとなく、秋の気配です。

仰るとおり、確かに、日本は「希薄」な感じが致します。
加えて、「知らない」いや「知ろうとしない」ということが多いような気が。
お恥ずかしいことに、私も人のことは言えませんが・・。
せめて、彼らから尋ねられた時に、誠実に答えられるように、日々精進せねばと思います。

けんこう様、守られたいっ!!なんて!!
素敵な旦那様が守ってくださいますよ~。
羨ましいですぅ。

投稿: いけこ | 2006.09.05 15:31

チーズケーキ後日談

写メ撮る前におなかにいれちゃいました!
今回はスフレ、ふわふわってほどでもないやさしい仕上がりでした。
レモンもっと効かせてもよかったかなぁ~
焼き上がりと冷めた後とけっこう味違うんですよ!
こんな楽しみも手作りならではです☆
今度は写メ送ります。

乳製品のこと尋ねたのは、フランスでも南仏は暑い地域ゆえ、
ムースなどのケーキはなく、焼き菓子が中心とか。
でも台湾のおやつにミルク味の豆しるこ?みたいなのありましたね。

考えること意見持つことは大事だと思います。
考えても知識ばかりになったりならないよう周りの人と話すことがもっと大事ですよね。
日本人というくくりより、私は~ということを少しだけ言えるように
向いていたいなと思いました。

投稿: きくみ | 2006.09.08 14:55

こんにちは、きくみ様

そういえば、台湾の牛乳製品について、お知らせしてませんでしたね。
台湾では、体にいいものは何でもありますね。
もちろん、牛乳も。ただ、チーズの種類は少ないかな。
ケーキ類のレベルも、日本と変わらないですよ~。
でも、暑い国なので、昔からある冷たいもののがおいしいですがね。
この前の缶のおやつは、豆花です。つまり、豆乳ですね。

投稿: いけこ | 2006.09.12 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/11717321

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾雑記(6) 初台湾2003 中正紀念堂と台湾の徴兵制:

« 大文字送り火2006 | トップページ | 重陽の節句 »