« 祇園祭、吉符入り | トップページ | オケ友旅行2006夏 和歌山白浜 その3 »

2006.07.04

オケ友旅行2006夏 和歌山白浜 その2

6月24日、晴れ時々曇り。

心配していたお天気もなんとかもちそうで、少し安心する。
しかし、私は究極の雨女である。
何せ、大学時代、学会旅行、夏・春合宿全て台風を呼ぶ女だ。
出発する直前まで、傘を本傘にするか、折り畳みにするか迷う。

8:36 京都発 オーシャンアロー5号 自由席乗車。
車内案内では、もうこの時点で、指定席は満席のもよう。
今回の旅行は、皆の最寄り駅を鑑み、電車を決めて、順次拾っていく形となる。
京都駅(私)→天王寺駅(Tb)→和歌山駅(Ba1・Ba2・Vc)
CbとTpは都合により、晩ご飯までに合流する。
先発・後発、計7名のオケ友女旅だ。

11:06 紀伊田辺駅着 
少し早いが、タクシーにてBa2が予約してくれたお店へ。

辰巳きまぐれ御膳 1,050円

Sirahamaryoko20061

天ぷらやら、茶碗蒸しやら、お刺身やらと色々あり、楽しめる御膳でした。
おいしかった~。
人様のご飯を強奪したり、熱々のお茶碗を平然と持つ、強靱な指の皮をお持ちの弦の皆様に驚愕したりしつつ、
市内観光の計画を現地で練る(笑)。

南方熊楠館→闘鶏神社→蟻通神社と観光。
サンダルだったBa2とTbが蚊にやられ、悶える。
既に前日、瞼を蚊にやられたVcと、私は久方ぶりオオバコ相撲をする(闘鶏神社なので)。
結果、私、惨敗。

14:30 ホテルへ移動。
お茶を煎れ、皆、お腹がいっぱいと言いながら、私とBa2のお土産を食べる。
ホテルの目の前が海なので、後発組を待ちつつ、お散歩へ。
もう満潮に近く、防波堤に一列で座り、まるで学生のように、たわいのないおしゃべりをする。
そして、少しだけ保険や投信・債券、結婚・親などの話をする。微妙なお年頃だ(笑)。

海へ沈む夕日はとても綺麗だった。

Sirahamaryoko20062


参考

写真:2006年6月24日 和歌山白浜にて 

お店:辰巳(たつみ) 
    〒646-0021 和歌山県田辺市あけぼの21-7
    TEL0739-25-2603
    営業時間 昼11:30~14:00 夜17:00~21:30

宿泊:東急ハーヴェストクラブ南紀白浜 

|

« 祇園祭、吉符入り | トップページ | オケ友旅行2006夏 和歌山白浜 その3 »

コメント

お仕事お疲れさまです。
夕陽撮りの巧さはお父様譲りですね。

投稿: ナオヤ | 2006.07.05 18:35

いけこさま
美しい夕陽ですね。そして学生時代何かを共有した者との友情とは何と美しいのか。
オオバコ相撲、かなり懐かしいです!子供のころしたな~

投稿: けんこう | 2006.07.05 22:04

こんばんは、ナオヤ様

京都は祇園祭開始です。今年も巡行、晴れるとよいのですが・・・。

夕日写真、お褒め下さいまして、光栄です。
構図は丸々、父親のパクリです(笑)。
でも、もう少し前の時間の海を綺麗に撮ってみたかったのです。
逆光だったので、真っ白になってしまって。
強制フラッシュしたのにな~。
うまくいきませんでした。
今度教えて~!!

投稿: いけこ | 2006.07.06 21:37

こんばんは、けんこう様

この夕日はホテルの部屋のベランダから撮りました。
この美しい夕日を、丁度、7人揃って見ることが出来ました。
共に見れて、本当に嬉しかったです。
大学時代、彼女達に会えて、私の学生時代はとても幸せでした。

オオバコ相撲は3全戦、惨敗です!!
絶対リベンジしますよ!!
台湾のオオバコは日本より大きいのでしょうかね?

投稿: いけこ | 2006.07.06 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/10782916

この記事へのトラックバック一覧です: オケ友旅行2006夏 和歌山白浜 その2:

« 祇園祭、吉符入り | トップページ | オケ友旅行2006夏 和歌山白浜 その3 »