« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.29

台湾雑記1 初台湾2003 出国

日程:2003年3月20日~23日
訪問都市:台北(20日~21日)→高雄(21~23日)


1日目 午前中 小雨 日本→台北

 
AM4:00起床。(何故かというと前日まで仕事がハードで、荷造り出来なかったため。)日本は寒い!!(日本、当日の最低気温は3度。)外は暗い。しかし、これから、熱帯の国、台湾へ向かうのだ。

当時はスーツケースを持っていなかったので、機内へ持ち込める程度の大きさの鞄を用意した。荷物はお土産等を買うため、比較的少ない方が望ましい。(この訪台以後は、友人達の頼まれ物やらで、荷物は毎回、エコノミー限界20㎏を軽く超える。そして、毎回、何を減らすか頭を悩ます。何故、学習出来ないのか。)が、私は大学時代、サークルにて「Sラのどらえ●ん」と呼ばれたほど、旅先へ何でも持っていった。基本が大荷物なのだ。(さすがに今は違い、足りなかったら、現地調達。台湾は何でもある。ただ、常備薬は別。向こうの薬は効きすぎた。市販薬バファ●ン、経験済み。)
とりあえず、一端、詰めてみる→入りきらない→いらないと思われる物を減らす
という、ローテーションを3回ほど繰り返し、ようやっと、荷造り完了。少しでも荷物を減らす為、冬のコートはやめて、スプリングコート。下はノースリーブのニット。寒い。
京都駅発、関空特急はるかへ乗車するため、最寄り駅へ。平日、通勤ラッシュの電車である。世間では、ダウンコートを着込んで、まだ冬の装い。その中に、大荷物を持った軽装の女が乗り込む。この上なく、違和感。そして、迷惑。

関空特急はるか乗車。指定席を取ったのだが、車両には誰もいない。貸し切りか~と少し喜んだが、お手洗いにたった際、前後の車両を見てみたが、誰も乗っていない。もしかして、貸し切り列車!?それほど、乗客がいない。わざわざ指定席を取ったことがちょっと悔やまれる。途中、信号機トラブル?で予定より到着が若干遅れる。この辺りから、これから引き起こすトラブルの片鱗が何となく見え始める。

関空着。JTBのお姉さん(この方には、後に本当にお世話になる。)に、春休みの連休なので出国カウンターが混みますから、早めに空港へ行って下さいねとくどいほど言われていた。しかし、それほどではないだろうと鷹をくくっていた。(つい前に、SARSがあったので。)だが、甘かった。手荷物検査カウンター前には長蛇の列。それも3列に蛇行している。そして、空港アナウンスはひっきりなしに、早く並べと言う。既に、出発時刻には2時間切っている。急いでJALのカウンターにて、チェックインをする。
ここで、未だに謎なのだが、何故か搭乗券をもらえなかったのだ。こちらは海外旅行初心者。搭乗券がないと、出国出来ないと知らない。そのまま、列へ並ぶ。
ようやく、順番が来た。空港係員さんにチケットを提示するよう言われ、鞄にしまっていた(もういらないと思い、パスポートと一緒にさっさとしまっていた。)のを慌てて出して見せる。係員さん待つ。私も分からず待つ。しばし両者、顔を見合わせ、無言。係員さんから搭乗券をと言われ、私、困惑。だって、これ(行き帰りのチケットバウチャー)しかもらってない。泣きそうになって、正直に搭乗券をもらっていませんと白状すると、吃驚される。そして、便名を見て、もっと吃驚される。この時点で、出発時刻40分前。手荷物検査カウンターはざわとなる。
その後の、関空職員さんたちの連携は本当に素晴らしかった。本当に本当に申し訳ない。 
係員さん達に引率され、ダッシュする女。空港中、大注目だ。

まず、私に搭乗券をと言った係員さん①が、どこかへ電話をする。その間に、係員さん②が私のチェックの済んだ荷物を抱え上げ、隣の乗務員専用ゲートを開け、ゲート口で待機。係員さん③が、私の腕を取り、共に検査ゲートを抜け、JALのカウンターへ駆け込む。搭乗券をひっつかむと、再度、乗務員専用ゲートを通過する。走ってくる私たちの姿を認めた②が、先行して走り出す。③は、走りながら、無線連絡をし、私にパスポートを用意するよう告げる。出国カウンターでは、臨時のブースが開かれており、係員さん④・⑤が、出国ブース向こう側で待ちかまえている。②は④へ荷物をバトンタッチ、④は先に走り出す。ここで、②・③とは別れる。⑤と走って、ターミナルへ向かうモノレールに乗り込む。乗り込む瞬間、便の出発時刻が5分遅らされたという放送が、微かに聞こえる。ここで、⑤は④に私の搭乗券を渡し、ターミナル着後、④は先行する。飛行機の搭乗ゲートでは、客室乗務員さんⅠ・Ⅱが待機。④はⅠに荷物と搭乗券を渡し、Ⅰは搭乗券の半券をちぎり、Ⅱに渡し、荷物を座席の上へ。Ⅱは私を⑤から受け取り、走り込むように席へ案内してくれた。シートベルトを締めると同時に、飛行機は予定出発時刻から、10分遅れで出発。 
乗客の皆さん、お急ぎの所、申し訳ない。加えて、大変ご迷惑をかけた、関空職員の皆さんにきちんとお礼が出来なかった。本当にごめんなさい。もうしません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.05.26

台湾雑記を始めます

やっと、前期の講義が終了しました。
後は試験のレポートを採点するのみ。

少し落ち着きそうなので、今まで溜まりに溜まった台湾旅行記を古い順からアップしていこうかなと。
3年前からの記憶を引っ張りだしての旅行記、いや備忘録、。
そして、第1回目の旅行は写真が有りません。
文字ばっかりの旅行記になりそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.25

台湾雑記 訪台記録(随時更新)

1回目

日程:2003年3月20日~23日
訪問都市
台北(20日~21日)→高雄(21~23日)
宿泊地
台北:宿名不明 1泊500元 
高雄:ホテル名不明1泊 友人宅1泊        
便名
JAL EG211便 関西空港発(10:35)→台北空港着(12:35)
JAL EG212便 高雄空港発(07:30)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
JTB(店頭)格安航空券(出発日ギリギリ) ¥74,530


2回目

日程:2004年9月1日~5日
訪問都市
台北(1日~3日)→高雄(3~4日)→台北(5日)
宿泊地:台北:麒麟大飯店
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR2132便 台北空港発(08:30)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
日本:レッドカーペットツアーズ(FAX) ¥60,000
   「エバー航空で行く台北5日間」 4名随行
       
台湾:長栄航空 国内線 高雄→台北最終便 


3回目

日程:2005年4月27日~5月1日
訪問都市
台北(27日)→高雄(27~28日)→台南(29日)→高雄(30日~5月1日)
宿泊地:台北:夜行バス 高雄:友人宅
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR2132便 高雄空港発(06:40)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
JTB(店頭) 格安航空券(出発日30日前) ¥46,250


4回目

日程:2005年9月1日~4日
宿泊地:(台風のため、飛行機が飛ばず、旅行中止)
便名
エバー航空 BR便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR便 台北空港発(08:30)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
JTB(店頭) 格安航空券(出発日25日前) 全額返金

5回目

日程:2005年12月2日~5日
訪問都市:台北
宿泊地:六福客桟(2日~5日)
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR2132便 台北空港発(08:30)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
JTB(店頭) 「台北自遊自在4日間」¥87,000


6回目

日程:2006年4月21日~24日
訪問都市:台北(淡水他)
宿泊地:城市商旅(21~23日)個人にて予約 M先生のご厚意により招待。
便名
ノースウエスト航空 NW069便 関西空港発(19:50)→台北空港着(21:40)
ノースウエスト航空 NW070便 台北空港発(08:10)→関西空港着(11:35)
手配旅行会社
JTB(ネット) 格安航空券(出発日36日前割引適用期間) ¥34,510


7回目

日程:2006年9月29日~10月3日
訪問都市:台北(基隆他)
宿泊地:城市商旅(9月29日~10月1日)JTBにて予約。1泊以降はポイントで。
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR2132便 台北空港発(08:30)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
JTB(店頭) 格安航空券(出発日36日前割引適用期間) ¥38,400


8回目

日程:2007年3月1日~3月5日
訪問都市:(高雄)台北(九フン、鶯歌)
宿泊地:(高雄:友人宅)
     城市商旅(3月2日~5日)カードポイントにて予約。
便名
日本アジア航空 EG211便 関西空港発(10:05)→台北空港着(12:00)
日本アジア航空 EG212便 台北空港発(16:40)→関西空港着(20:00)
手配旅行会社
台北ナビ(ネット) 正規航空券(出発日35日前割引適用期間) ¥78,120

台湾乗り継ぎ:長栄航空 国内線 松山空港(台北)→高雄


9回目

日程:2007年4月27日~5月1日
訪問都市:台北、高雄(友人結婚式出席の為)
宿泊地:台北:友人宅
     高雄:友人宅
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR便 台北空港発(16:40)→関西空港着(20:00)
手配旅行会社
JTB(店頭) 格安航空券 ¥40,000

10回目

日程:2008年1月12日~15日
訪問都市:高雄・台北
宿泊地:台北:友人宅
     高雄:友人宅
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(15:05)
エバー航空 BR2132便 台北空港発(08:30)→関西空港着(12:00)
手配旅行会社
JTB(店頭) 格安航空券 ¥48,000

11回目

日程:2008年10月3日~6日
訪問都市:台北
宿泊地:台北:六福客桟
    
便名
キャセイパシフィック航空 CX565便 関西空港発(11:15)→台北空港着(13:10)
キャセイパシフィック航空 CX564便 台北空港発(16:05)→関西空港着(19:40)
手配旅行会社
JTB(店頭) マイセレクトお得やん!台北 ¥68,550


12回目

日程:2009年3月20日~3月23日
訪問都市:台北(九フン)
宿泊地:シーザーパーク台北(3月20日~23日)
     圓山大飯店(3月22日~23日)ちょっと贅沢しました。
便名
日本航空 便 関西空港発()→台北空港着()
日本航空 便 台北空港発()→関西空港着()
手配旅行会社
JTB(店頭) 


13回目

日程:2009年5月5日~5月10日
訪問都市:台北、高雄
宿泊地:高雄:麗尊大飯店(5月5日~7日)
     台北:城市商旅(5月7日~10日)
便名
エバー航空 BR2131便 関西空港発(13:00)→台北空港着(14:50)
エバー航空 BR便 台北空港発(10:40)→関西空港着(:)
手配旅行会社
HISネット 格安航空券 
台北ナビ ホテル手配


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.22

東寺市

Tojiitigogatu


東寺市。金襴緞子のハギレから、はてはお不動さんまで。なんでも揃います。


Tojiiti


東寺市。お寺の境内は、すっかりお店仕様。


参考

写真:2006年5月21日 東寺市

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.21

新緑礼賛・渉成園

Syoseiensuiren1_1


濁り水より浮かぶ、純白の花。

Syoseiensuiren2


池を覆う睡蓮。五位鷺もゆったり。


Syoseienhasisinryoku


光眩しき緑越し、侵雪橋。


Syoseienho


清冽な香り、朴の花。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.14

大田神社杜若・上賀茂神社桐

Ootajinjyakakitubata


神山や 大田の沢の かきつばた
   ふかきたのみは 色にみゆらむ 藤原俊成 『五社百首』


Kamigamojinjyakiri1


Kamigamojinjyakiri2


上賀茂神社 空を突くような桐の大木。


Kamigamojinjyakiri3


花がまるでプロペラのように、くるくると散っていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.13

雨の京都

Tokujyomyoinitihatu

得浄明院、名残の一初(いちはつ)。アヤメのさきがけ。

Tokujyomyoinairisu


得浄明院、満開のジャーマンアイリス。雨に濡れて、しっとりと。

Jyojyabasi


雨の行者橋。柳の並木も、清清し。


Heianjingusuiren1


平安神宮の睡蓮。雨に打たれ、生き生きと。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006.05.06

神泉苑 新緑

Aomomiji


目に青葉。日に透けて。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.05

端午の節句

端午の節句

ちまき。邪気を払います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.04

詩仙堂の藤 曼殊院の霧島躑躅

Sisendofuji


満開の白藤。新緑に映えて。   

Mansyuinkisirimatutuji


白砂の波頭へ、鮮烈な赤。  


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.03

下鴨神社 流鏑馬神事

仕事後、急いで下鴨神社の流鏑馬神事へ行ってまいりました。
この流鏑馬神事は15日の葵祭の前儀です。
この神事で珍しいのは、武家装束だけでなく、
公家装束での流鏑馬が行われることです。
流石に天皇様より、勅使の神事。
勇ましい流鏑馬も、どこか典雅な雰囲気が漂います。


Simogamojinjyayabusamesinji1_1


公家流鏑馬、束帯姿。背負う6本矢にも、どことなく雅やか。


Simogamojinjyayabusamesinji2


装束ゆえ、的も大きめです。


Simogamojinjyayabusamesinji3


「イン・ヨー」の掛け声も勇ましく。

Simogamojinjyayabusamesinji4


武家流鏑馬、狩装束。帯に挟んだ4本矢も、簡素ないでたち。

Simogamojinjyayabusamesinji5


装いも簡素ゆえ、的もより小さく。

Simogamojinjyayabusamesinji6


新緑に映える、勇ましさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.02

千本ゑんま堂大念佛狂言

Senbonenmadodainenbutukyougen1

平家の公達 薩摩の守    『神崎渡し』


Senbonenmadodainenbutukyougen2

綱・保昌の大立ち回り   『土蜘蛛』

5月1日~4日まで、千本閻魔堂引接寺(いんじょうじ)にて、
千本ゑんま堂大念佛狂言が公演されます。
念仏狂言の大半は無言劇で、「カン デンデン」の囃子に合わせて演じられます。
しかし、その中で「千本ゑんま堂大念佛狂言」だけがほとんどの演目にセリフがあります。
ユーモラスな演目は、より可笑しく。勇ましい演目はより、雄雄しく。
三日月の下、名残の桜の側で、上演されました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »