« 京都桜便り その9 哲学の道1 | トップページ | 京都桜便り その11 仁和寺御室桜 »

2006.04.11

京都桜便り その10 鴨川

Kamogawa1


Kamogawa2


見渡せば 柳桜を こきまぜて 都ぞ春の 錦なりける 
                           素性法師 (古今和歌集56)


参考


写真:2006年4月7日 鴨川 川端今出川にて


青春ぶろぐ桜花ぶろぐ

|

« 京都桜便り その9 哲学の道1 | トップページ | 京都桜便り その11 仁和寺御室桜 »

コメント

ご無沙汰してます~
桜さくらサクラ満開のブログですね!
週半ばの雨で散り始めたさくらの花びらが歩道に
敷かれるようなってきました。
その上を歩くとソメイヨシノですと、とっても明るく感じました。
幼い時からの夢なんですがさくらの花びらを敷き詰めて座ってみたいです・・・

投稿: きくみ | 2006.04.14 13:34

満開の桜に羨望のまざなし、です。
昨年から台湾で暮らしているので、今年は桜を見れませんでした。ステキな写真をたくさん見せていただき、日本の春を思い出しました。

投稿: けんこう | 2006.04.15 02:09

こんにちは、きくみ様

コメント有難うございます。
今年は冷えたり、緩んだり・・・。
珍しくソメイヨシノの息が長いです。
うれしい限り。

花びらの絨毯、いいですね~。
実は私の夢は、花びらをいっぱい浮かべたお風呂。
どうでしょう?ロマンチックじゃないですか?

投稿: いけこ | 2006.04.16 16:30

初めまして、けんこう様

コメント、大変有難う存じます。
お返事が遅くなりまして、申し訳ございません。
台湾でお暮らしとのこと、きっと台湾はすっかり夏なのでしょうか?

京都は春、爛漫。
三月に冷え込みがありましたおかげで、
毎年、さっと咲いて、さっと散ってしまうソメイヨシノが長く楽しめております。
このブログがどうぞ、けんこう様の日本のよすがになりますとうれしく存じます。

投稿: いけこ | 2006.04.16 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/9541234

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り その10 鴨川:

» 京都桜便り その10 鴨川 [桜花ぶろぐ]
見渡せば 柳桜を こきまぜて 都ぞ春の 錦なりける                             素性法師 (古今和歌集56) 参考 写真:2006年4月7日 鴨川 川端今出川にて...... [続きを読む]

受信: 2006.04.11 22:45

« 京都桜便り その9 哲学の道1 | トップページ | 京都桜便り その11 仁和寺御室桜 »