« 京都桜便り その13 岡崎疎水 | トップページ | 京都の春 »

2006.04.19

京都桜便り その14 大文字

Daimonjisakura


桜越し、大文字。黄砂霞。


Tetugakunomitisakura1


霞まぬ桜の、嬉しさ。

参考

写真:2006年4月8日 哲学の道にて。


青春ぶろぐ桜花ぶろぐ

|

« 京都桜便り その13 岡崎疎水 | トップページ | 京都の春 »

コメント

桜の写真、どれもきれいですね!!色んな場所の桜が見れて、毎回感動しております(*^_^*)
私も8日、京都にいました♪御所一般公開に行ってきました。4年間、京都に通学していたにもかかわらず、行く機会がなく卒業して、はや数年。。今年やっと見に行けました♪
8日は、暖かく、お天気もよくて、京都散策最高でした(^0_0^)

投稿: オケ友 | 2006.04.19 22:06

こんばんは、オケ友様

ご無沙汰しております~!!
写真、お褒め頂き、有難うございます。
おおっ、8日に京都にいらっしゃったのですね。
黄砂が凄かったでしょう!!
御所へ行ってこられたのですね。
丁度、左近の桜が満開だったかと。
また、お話聞かせて下さいませね。

投稿: いけこ | 2006.04.20 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/9670950

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜便り その14 大文字:

» 京都桜便り その14 哲学の道 [桜花ぶろぐ]
桜越し、大文字。黄砂霞。 霞まぬ桜の、嬉しさ。 参考 写真:2006年4月8日 哲学の道にて。... [続きを読む]

受信: 2006.04.19 21:03

« 京都桜便り その13 岡崎疎水 | トップページ | 京都の春 »