« 冬の一乗寺 | トップページ | 佐保姫の春 »

2006.02.19

ありがとう!!

tanjyobipurezento1


tanjyobipurezento2


Rちゃん、Tちゃん、Kちゃん有難う。
お誕生日会、楽しかったです。

|

« 冬の一乗寺 | トップページ | 佐保姫の春 »

コメント

いけこさん、お誕生日だったのですね♪
おめでとうございます\(^-^)/
新しい1年が素晴らしい年になりますように☆

投稿: shino | 2006.02.22 23:52

おはようございます。shino様。

お誕生日のお祝い、有難うございます。
しっかり年をとってしまいました。(笑)
実際には10日なんです。
母が申しますには、お腹の中がよほど良かったらしく、
結局、出産予定日には間に合わず、スタンパイしていた家族は一端帰ってしまったそうです。

投稿: いけこ | 2006.02.23 09:31

三寒四温の頃、お誕生日、おめでとう。
梅の開花もちらほら聞かれます。
私の会社では 梅見よりやわらか干し梅が密かなブームです・・・花より団子!
(皆様ご存知?)
写真の魔法の杖の本は、見たことある気がするのですが・・・お話でした?

投稿: きくみ | 2006.02.24 15:47

こんばんは、きくみ様。

お誕生日お祝い有難うございます。
また、年をとってしまいました。
年々、節分の年豆を食べるのが、大変になってまいります。(笑)

やわらか干し梅!!何でしょう!?
食べたことないです~。
台湾のお菓子で、よく似たものがあるのですが・・・。
今度、教えてくださいませね。
「魔法の杖」はページごとに何か、格言というか、何か占いの一言結果が書かれてあり、
本の表紙に手を置いて、そのとき占いたいことを告げ、ランダムにページを開くとお告げが・・・という本です。
不思議になんとなく当たってそうで怖いんですよね。
今度、我が家で試してみませんか?

投稿: いけこ | 2006.02.25 20:54

それはぜひ、試してみたいです!!
昨日、思い立ったが吉日というかのようにふらりと京都へ。
細見美術館(静かなこじんまりが好きです)と
知恩院に行って来ました。

知恩院の山門の大きさには圧倒されます。
どこからあれだけの材を、労力かけてもってきたのかと。
寺院の地力財力の大きさでしょうね。

やわらか干し梅はコンビニでボトルで売っているもの。
酸味(塩味)が何だか疲れてきたころにいいようなんです。


投稿: きくみ | 2006.02.26 13:40

こんにちは、きくみ様。

京都にいらっしゃってたんですね。
土曜日はぽかぽか陽気で、春めいていましたね。
「細見美術館」はいいところですよね~。
私も大好きです。
吹き抜けも気持ちがいいものです。
最上階に茶室が有るのはご存じですか?
頂くお点前は贅沢ですよ~。

知恩院は、江戸時代、徳川幕府のバックアップで大きくなったのです。
山門が大きいのも、御所を見張るためという俗説も。

やわらか干し梅、コンビニで探してみます。

投稿: いけこ | 2006.02.27 17:02

徳川のバックアップは知りませんでした。
もっと古くから力を持っていたように思っていました。
ついでに華頂山と掲げてありましたが、後ろの東山のひとつの山の名前なのでしょうか?
連なる東山もそれぞれに名前がついているんですよね?

細見美術館のお茶は頂いたことないですが、
今度いってみます。

投稿: きくみ | 2006.02.28 22:27

おはようございます。きくみ様。

華頂山は「東山三十六峰」の一つです。
古くは頼山陽あたり、名所図会にもはっきりと明記はされておりません。
ですから、何をもって、「東山三十六峰」とするのかは、厳密な峰の決定は難しいところです。
国有林や私有地!(この場合は私有山?)を含み、ほぼ神社仏閣と関連があります。


投稿: いけこ | 2006.03.02 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/8742726

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう!!:

« 冬の一乗寺 | トップページ | 佐保姫の春 »