« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.29

雪の実光院

jikouinkakeikoori1


jikouinkakeikoori2


氷筧。雪の芸術。


jikouinfudanzakura


不断桜。冠雪に耐え、春心待ち。


kimonofuyu


長羽織:正絹、菊柄。自身購入。
着物:紬、紺地に紅白椿柄。母より譲り受けたもの。
帯:黒字に朱の花柄。名古屋帯。母より譲り受けたもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.28

THE有頂天ホテル

映画「THE有頂天ホテル」を見に行ってきました。

鑑賞中、もう、ずっとくすくす笑っていました。
映画で笑ったのは、久しぶりな気がします。
出演者も豪華で、小技も効いていて、もう一度見に行こうかなと。
本当に楽しい、出演者も映画のスタッフの方々も楽しんで作られたのだなと、
見ていて、嬉しくなってしまう気持ちのいい映画でした。

丁度、本日はWOWOWで「12人の優しい日本人」を放送しています。
これは、舞台なのですが、キャスト一新、再演です。
初演にも、今回の再演にも、機会がなく、行けなかったので、
今日はこれからゆっくりと鑑賞しようと思います。
なんだか、三谷さんデーですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

開通!!

無事にネット、通話、開通しました!!
皆様、ご心配有難うございます!!

どうやら、ルーターさんがお休みしてたようで・・・。
前日の電気工事による、停電も原因の一つのようです。

本当に有難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.25

連絡!!(超私信)

職場のPCより、おはようございます。

面倒な事に、昨日?より、家電が繋がりません。
通話もダメ、ネットもダメ。何故なの!?

コンセントも抜けてないし、電話機本体の電池もある。
ルーターの電源も落ちてない。
目下、原因を解明中です。

皆様、連絡は携帯へお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.21

新年会!!

nabe


taiwangasi


大学オケ友の皆さんで、新年会をしました。
豆乳鍋です。おいしかった!!

後は台湾お茶会です。
色々話して、まったりのんびりしました。
あぁ、やっぱり友達っていいなぁとしみじみ。
幸せでした。皆、ありがとう!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.01.16

時代劇おぺら・どんじょばんに

N先輩のご好意で、「時代劇おぺら・どんじょばんに」を観覧して来ました。
1月14日(土)の17:00~の午後の部に行ってきました。

祇園甲部歌舞練場に行ってきました。
「都おどり」が開催される場所です。

モーツアルトの「ドン・ジョバンニ」を京都を舞台として、
時代劇にアレンジし、また、オーケストラにも雅楽が取り入れられるなど、
歌舞練場の会場の雰囲気に合わせた、とてもわかりやすく、楽しいオペラでした。

どんじょばんにを俳優の東幹久さんが頑張って演じておられました。
特に、えるびぃら・あんな姫のアリアが、声に張りがあり、素晴らしく、
れぽれっろのおどけ具合も楽しめました。

N先輩、有難うございました!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.14

生風庵 雪餅

注)現在休業中だそうです。


syofuanyukimoti1


syofuanyukimoti2

雪餅は12月から2月まで作られる。
お店に行くと要予約で、高島屋百貨店の地下1Fの生菓子でも購入できる。
1個420円税込である。


何においても、特筆したいのが、きんとんの白さである。
名に負う雪のように、綿雪そのままを生菓子へ切り取ってきた様である。
甘さ控えめ、白餡と言うよりは、舌に残るのはもったりとしたつくね芋の滋味。
そして、黄身餡のまろさも感じる。
きんとんを割った際、そぼろと黄身餡の鮮やかなコントラストが素晴らしい。
それでいて全体的に控えめな印象。


御菓子司 生風庵

〒603-8151
京都市北区小山下総町16
TEL:075-441-5694
午前9時~午後5時 定休:(原則として)日曜日・祝日
例年、7月下旬から8月は休業

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.10

雪の二条城

nijyoujyouyuki


武家の城、雪降る中、威風堂々。


参考


写真:2006年1月7日 二条城堀前 午前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

七草粥

nanakusa


せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

雪の神泉苑

sinsenenyuki


神泉苑も初春の装い。 雪とともに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

寒の入り

yuki


暦を現すように、雪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.01

あけましておめでとうございます。

oseti


新年乃始乃 波都波流能 家布敷流由伎能 伊夜之家餘其謄

新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け壽詞

    大伴家持 『万葉集 巻二十 4516番』 巻末最後の歌


新しき年、皆様に良きことが沢山ございますよう。
本年も宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »