« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.31

大晦日

今年は本当に色々あり、大変な年でした。
また、ブログを始めるなど、新たな年でもありました。
様々な方々に助けられ、人の縁を感じた年でした。
来年も良き年でありますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.28

雪の銀閣寺

ginkakuji1

白銀の銀閣寺。


ginkakuji2


銀砂灘。今は雪の海原。


ginkakuji3


わずかに、秋の名残。


ginkakuji5


雪を迎えて、侘び、寂びの境地。

参考

写真:2005年12月23日 銀閣寺にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.25

雪御所

yukigosyo2


yukigosyo1


御所、雪を頂いて。

yukigosyo3


松に雪。水墨画の点描。

yukigosyo4


そして、再び、雪大文字。

参考


写真:2005年12月23日 雪御所の朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.24

ロームイルミネーション

ro-muirumi1


ro-muirumi2


イルミネーションは25日までです。
毎年大変、綺麗です。

参考

写真:2005年12月23日 ローム社前にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

雪の金閣寺

kinkakujiyuki

kinkakuji2

金と雪の綺羅綺羅しさ。陽光に映えて。


参考

写真:2005年12月18日 金閣寺にて。雪の朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.19

雪大文字

yukidaimonji1

yukidaimonji2


雪大文字。冬の送り火。現れた日は何かよい事があるそうです。

参考

写真:2005年12月18日 御所より、大文字山を望む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.06

ありがとう。大好きでした。

parusaiei


前のわんこがいなくなった時、母の友人のわんこさんたちに着いて来たあなたを迎えたのは、
私が中学1年生の春でした。

シェパードの子犬というお話で迎えに行ったあなたは、
実際には甲斐犬の成犬でした。

真っ白のお腹に、全ての脚に白の足袋をはいたあなたは、
玄関の門を飛び越えて脱走をするという、暴挙を成し遂げ、
お手、おかわり、ふせ、おすわり、わん、ハイタッチ、鼻など、大変芸達者でした。

野良を経験したせいか、食いしん坊でしたね。
最後の最後まで、きっちり御飯を食べていきました。

縁あって、我が家にきたあなた、
ぱるという名前をつけたのは、私でした。

木曜日に帰った私を待っててくれたのですね。
本当にありがとう。

春に我が家に来たあなたは、自分の干支を迎えられませんでした。
かしこい、かしこいわんこでした。

2005年12月3日 逝く。


参考

写真:2005年9月27日 実家のデッキにて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.05

ただいま!!

無事に帰ってきました。
日本のあまりの寒さにびっくりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.02

台湾!(超私信2 )

紫の上様←コメント有難うございます。お返事は帰ってきてから。同じ中国語圏にいますね。
にゃあ様←色々拝借し、有難うございます。帰りましたら、お話聞いてください。ビデオ有難うございます。
台湾友人たち←前回は台風で飛べず、今回やっと会いにいけます。四日間よろしく!まっててね。
その他、色々な方に←元気でいってまいります。もし、向こうで更新できそうなら、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾!(超私信1 )

今日から四日間、台湾にいってきます。
方々、お土産買ってきます。
大学オケ友の皆様へ←今月、予定が立ちましたら、忘年会しましょう。鍋で。
おいしい中国茶など仕入れてきます。定演頑張ってね!
妹へ←ランコムのマスカラわからんかったらごめん。
かぁさま←印石買ってきます。
Tちゃん←茶杯買ってきます。玉もかわいいやつ、ねつけにしようね。
Rちゃん←チャイナシャツ、探してみます。
父・母・祖母←気を付けていってきます。連絡先は冷蔵庫に貼っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.01

高桐院

koutoin1


koutouin2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »