« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.24

八坂の塔

yasakanotouaki_IMG


清清しい秋空。甍とともに。


参考

写真:2005年10月24日   東大路通りより塔を仰いで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.17

着物で散策

kimono2005


本日から20日間連続出勤。
気分転換にやはり着物はいいですね。
ふらっと遊びに行きたいです。

参考

写真:2005年10月10日 竜安寺参道にて。
着物:小紋(叔母より譲り受けたもの。青地に季節の花尽くし。)
    帯(母より譲り受けたもの。黒地に朱の花柄。名古屋帯)
    籠(天神市にて、購入。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.16

さきがけ紅葉

wasemomiji_IMG

冬木成 春去来者 不喧有之 鳥毛来鳴奴 不開有之 花毛佐家礼杼 
山乎茂 入而毛不取 草深 執手母不見 
秋山乃 木葉乎見而者 黄葉乎婆 取而曾思努布 
青乎者 置而曾歎久 曾許之恨之 
秋山吾者

冬ごもり 春さり来れば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど
山をしみ 入りても取らず 草深み 取りても見ず
秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞしのぶ 
青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 
秋山ぞ吾は

               額田王 万葉集 巻第1 16歌 


錦秋の京都の始まり。


参考

写真:2005年10月10日 等持院にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

秋立つ日に

秋きぬと 目にはさやかに 見えねども
        風の音にぞ おどろかれぬる 藤原敏行
                            古今和歌集 第169  


kinmokusei_IMG

古の人は秋を風によって。
後の世の人である私は、金木犀の香りに。
華やかな甘き香り。風にのせて。

参考

写真:2005年10月10日 竜安寺にて。      

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.10.01

本日の御所

よいお天気なので、御所へ行きました。

gosyo1_IMG


空の広さ、高さを実感

gosyo2_IMG


バトミントンをしました。汗だくになりました。
日差しはまだまだ、夏のようです。


gosyo3_IMG


大文字もくっきり。御所の護りを。


gosyo4_IMG


自転車の轍跡。御所の中の交差点。

gosyo5_IMG


しかし、ほんのり秋の気配。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »