« 本日の三室戸寺 | トップページ | 蓮待ちの三室戸寺 »

2005.06.13

三室戸寺の紫陽花

mimurotoajisaiaka_IMG


mimurotoajisaikawarisiro_IMG


mimurotojigakuajisai_IMG


mimurotojiajiasaiao_IMG


紫陽花いろいろ。


参考

写真:2005年6月12日 三室戸寺にて。

|

« 本日の三室戸寺 | トップページ | 蓮待ちの三室戸寺 »

コメント

ボクにとっては来年こそは来年こそは行こう行こうと思って行けず終いの三室戸寺っす。

キレイに撮れてますね。流石です。

投稿: ナオヤ | 2005.06.14 15:23

私も行きたいと思って行く事のできていないあじさい寺、三室戸寺!きれいですねぇ。竜安寺のあじさいもきれいだとか。見られたことあります?柏葉のあじさいは大きいですか?(大きく写っているだけ?)

投稿: きくみ | 2005.06.14 17:27

こんばんは、ナオヤ様。

三室戸寺は本当に綺麗です。
山寺ですので、緑も楽しめますし、
西国10番の巡礼寺でもあります。
来週あたりからは、蓮も咲き染めるはずです。
是非是非。

投稿: いけこ | 2005.06.14 21:52

こんばんは、きくみ様。

お心寄せ、うれしく存じます。
三室戸寺はこの時期、本当に素晴らしいです。
紫陽花の咲いている中を、分け入って観賞できる贅沢さ。
是非、オススメ致します。

柏葉紫陽花は、母親の丹精の結果、大きく育ちました。
花付きも豪華でした。
大体、150センチ強くらいにはなっています!!

竜安寺の紫陽花についてですが、
池泉式庭園の池脇に、青い紫陽花がございました。
また、苔のある木立があり、そのそばにも何株かございました。
紫陽花の側に、夏萩も植わっており、
青と濃い紫のコントラストが綺麗でした。
ただ、上記は三年前の訪問時です。
もしかすると、紫陽花はもっと増えているかもしれませんね。

投稿: いけこ | 2005.06.14 22:06

りっぱなおうちのあじさい、お母様に拍手ですね。今日、とあるコラムで知ったのですが『あじさい』とは『あづ』たくさんの『さい』小さな青い花の集まりだとか。その通りですがきれいな響きの名前だと思いました。

投稿: きくみ | 2005.06.15 13:57

きくみ様

こんばんは。
紫陽花は「あず」+「真藍」で紫陽花なんですよね。
紫陽花は不思議なことに、平安時代の物語にはほぼでてこないんですよね。
あの「源氏物語」などにも。
注目され始めたのは、なんと江戸時代になってからだと。
不思議ですね。
シーボルト先生は直ぐに「オタクサ」と名づけられたのに。

投稿: いけこ | 2005.06.17 21:29

そう言えば、源氏物語には出てきませんね。色や雨の時期の花の存在を思えば、出てきても不思議ではないのに。もし、出てきたなら藍や紫から、高貴な花とされたかもしれませんね。

投稿: きくみ | 2005.06.25 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84623/4542942

この記事へのトラックバック一覧です: 三室戸寺の紫陽花:

« 本日の三室戸寺 | トップページ | 蓮待ちの三室戸寺 »