トップページ | 2005年3月 »

2005.02.28

取り込めない!!

デジカメの画像が取り込めず。
しばらく、滞りますな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.22

追加。

下の日記に追加。S君も一緒に飲んでくれて、ありがと。
忘れてたのではないのだけれど、ちょっと飲みすぎたせいで、記憶が・・・。
結婚観及び結婚後に於ける男女不平等について、熱く語った気がする。←多分、私だけ。本当にすまない。
Kちゃん、朝(実際には昼。)に、傘持って帰った?とか、お金払った?とか一々確認してごめんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.20

うれしい誕生日プレゼント

tanjyoubihanataba

昨日、Kちゃんより、花束。Tちゃんより、アイカラー、Rちゃんよりワイン、M先輩よりLisnのお香を頂きました。
本当に幸せ。でも、何よりのことは、一緒にすごせたこと。本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.16

東山雑記のはじめに

hajimeni  
  見渡せば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける 素性法師
                                 (古今和歌集56)


 京都。ここほど私を魅了する都はない。千何年もの間、日本の首都であった都市。私自身が国文専攻だからだろうか、私はこの京都の「あわれ」に心惹かれるのである。春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪。京都にはけっして他では味わえない四季の移り変わりがあるのだ。自然をすぐ傍に配し、四季を生活に取り入れる。また、新しいもの古いものが共存する町である。そして、市内に大学が多いため、学生の町であり、京都自身も学生にやさしい。
 私は4年間の大学生活をこの古都で過ごした。この4年間は今まで生きてきた中で最も充実した日々だった。ここで、かけがえのない仲間が出来た。この何にもかえられない日々の思い出は私の心の中にキラキラと積もっている。

 大学生活。私は京都女子大学に通っていた。大学については後ほど触れるが、何故か京女は年配の方に受けが良かった。そして、京都大学と仲がイイ。当時のほとんどの学生が京大のサークルに所属し、彼氏は京大生が多かった。私自身もサークルに所属していた。このサークルネタも後に触れる。

 四条、三条が京都のメインストリートであるが、大阪と違い割と小ぢんまりとしている。ファーストフード店の横に老舗佃煮屋があり、マネケン(ワッフル屋)の横で柘植櫛が売られる。百貨店と土産物屋と老舗が混在している。また、宴会の時期になると、酔っ払いのサラリーマンよりも明らかに学生の含有率が高い。

 京都は空が高い。緑も多い。景観維持のため、建物の高さ制限がしかれているためである。鴨川にて、秋空を見上げるとすいこまれそうに青く、高く、そして広い。また、鴨川筋は桜や柳や紅葉が植えられ、景観に一花添えている。

  そこで天気のイイ日に篠笛を吹くのが好きだった。五条辺りの川辺に座って吹く。篠笛の音が川を渡る。京都はそれが似合い、また許される場でもある。
 余談であるが、よく四条、三条の河原で等間隔に座っているカップルをみる。京都出身の友人はこれを鴨川デビューと呼び、憧れなんだそうだ。国文を専攻している私としては、河原が昔死体の捨て場であったと知っているため、いまいち座る気になれない。確かにムードがあるのだか、私の頭の中では「死体置き場」の文字が浮かんでいるので、盛り上がらない。これでは相手には失礼であろう。極力座ることのないようにしている。なので、橋の上からカップルを見て、「座っている場所は元は死体置き場」と密かにつぶやいていると、友人の顰蹙をかった。

 とにかく、京都は学生生活を送るにはすばらしい。ちょっと授業をさぼって、お寺巡りは出来るし、美術館も多い。是非オススメしたい。(2005.2.19加筆修正)

参考

写真:2003.4.5暁(鴨川筋)撮影
文献:「日本古典文学大系8」 岩波書店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.14

北野天満宮の梅

kitanotenmangunoume

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

本日より、ブログを始めます。

簡単な京都での日常の備忘録として。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年3月 »